【SIHH2018速報】創業150周年を迎えたIWCは魅惑のアニバーサリー限定を続々発表

1868年、日本では江戸が東京に変わりましたが、はるか遠くのスイス・シャフハウゼンではインターナショナル ウォッチ カンパニー(=IWC)が、アメリカ人時計師のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズによって創業されました。それから歴史を歩み続けて150年。この大きな節目を迎えるにあたり、IWCは2018年の国際高級時計展(SIHH)にて合計28種類に及ぶアニバーサリー限定モデルを発表しました。

 

IWC トリビュート・トゥ・パルウェバー“150 イヤーズ”

iwc-505002-front

1884年にIWCが開発したパルウェバー懐中時計の意匠を腕時計に再現した時分デジタル表示式の2018年IWC新作のハイライト。搭載するCal.94200には香箱から異なる2つの輪列が組み込まれており、ひとつは計時用、もうひとつが表示ディスクの回転用となっています。このような設計にすることで、エネルギー消費の大きいディスク表示を採用しながら60時間もの駆動時間と高精度の維持を可能にしています。

バリエーションは、ステンレススチールケースにブルーラッカーダイアルのモデル(限定500本)、18Kレッドゴールドケースにホワイトラッカーダイアルのモデル(限定250本)、プラチナケースにホワイトラッカーダイアルのモデル(限定25本)の3型で、直径はいずれも45mmとなっています。このほか、オリジナルにより忠実なポケットウオッチの限定版も発表されました。

 

ポルトギーゼ “150 イヤーズ”

iwc-590202-front のコピー

名称未設定 1

IWCのフラッグシップであるポルトギーゼコレクションからは、コンスタントフォース・トゥールビヨンやパーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン、パーペチュアル・カレンダー、クロノグラフ、ハンドワインドより合計8型が登場。コンスタントフォースとクロノグラフには、ブルーラッカーダイアルが用意されています。

 

 

ポートフィノ “150 イヤーズ”

iwc-391023-front

端正なドレスウオッチのポートフィノからは、ハンドワインド・ムーンフェイズとクロノグラフ、オートマティックの3種類から合計7型が発表されています。ムーンフェイズモデルは、月相表示が122年で1日誤差という高精度仕様。

 

 

ダ・ヴィンチ“150 イヤーズ”

iwc-358102-front

前年に新世代へと移行したダ・ヴィンチは、直径36mmケースにダイヤセッティングされたムーンフェイズと、ベーシックな三針自動巻きの2種類から5型のバリエーションが登場しています。

 

パイロット・ウォッチ “150 イヤーズ”

iwc-502708-front

パイロット・ウォッチも古典デザインのクラシックをベースにしたアニバーサリーモデルが登場。アニュアルカレンダーとクロノグラフに加え、コレクション初となるビッグデイト表示を備えたビッグ・パイロット・ウォッチも登場。この手巻きモデルは、8日間ものパワーリザーブを有している点にも注目です。

 

IWC https://www.iwc.com/

レビュー記事↓

白と青で表現された一世紀半という歴史の重み【SIHH2018/IWC編】

Print Friendly, PDF & Email
TAG