Audemars Piguet

オーデマ ピゲ

オーデマ ピゲ

“奇跡の手”と称される技術開発力で独立独歩を貫く

オーデマ ピゲ

オーデマ ピゲはスイスで唯一、創業者一族の家系で営まれてきた最古の時計ブランドである。と同時に、時計界でも最高峰の技術力を有するマニュファクチュールでもある。1875年に創業してから、1882年にはミニッツリピーター、永久カレンダー、スプリットセコンド・クロノグラフなどを搭載したコンプリカシオン懐中時計を作り上げたという事実が、優れた技術力を証明している。

 

時計界に影響を与えてきたのは機構開発だけに留まらず、1972年には「ロイヤル オーク」を発表。ラグジュアリー・スポーツウオッチという新しいジャンルを打ち立てることとなった。このモデルは現在もオーデマ ピゲの革新性の象徴としてロングセラーが続いており、同社の伝統をいまに伝えるジュール オーデマとともにオーデマ ピゲの重要コレクションとなっている。

Print Friendly, PDF & Email

創業年 1875年創業者 ジュール=ルイ・オーデマ、エドワール=オーギュスト・ピゲ創業地 スイス/ル・ブラッシュ

お問合わせ【オーデマ ピゲ ジャパン】

TEL.03-6830-0000
https://www.audemarspiguet.com/jp/

Collection