スイス最古の時計ブランド【ブランパン(BLANCPAIN)】の魅力を有名店スタッフに尋ねる ―― 中国エリア/トミヤ ユーロサロン編

2022/11/9 18:00
SHARE ON

1735年創業の【ブランパン(BLANCPAIN)】は、現存するスイス最古の時計ブランドとして知られている。2023年には代表的なコレクション「フィフティ ファゾムス」が誕生70周年を迎えるなど、今もっとも注目が集まるラグジュアリーメゾンだ。
手間と時間をかける製造方法から生産数が少ないこともあって日本におけるブランパン正規販売店は限られているが、一方で取扱店はその魅力を余すことなく熟知している。そのようなショップのひとつである岡山県・表町の「トミヤ ユーロサロン」に、ブランパンの魅力を尋ねた。

「ブランパンの加入でラインナップはさらに盤石に」

(販売担当スタッフ)「280年以上も歴史があるブランパンは、創業以来、機械式時計のみを作り続けている誠実なブランドです。世界屈指の名門が放つタイムピースは、いずれも職人が手作業で製造する昔ながらの流儀が貫かれており、それがエレガントなコレクションを生む源泉になっています。ユーロサロンにブランパンが加わったことで、ヨーロッパ発のラグジュアリーブランドのラインナップがさらに強化された印象です」

 

「もっともお問い合わせが多いのが、やはりフィフティ ファゾムスです。多くのブランドが模範としているダイバーズウオッチの起源のような存在で、デザインやスペック、さらに高級感で最高峰に位置付けられます。ユーロサロンではこれまで扱われていなかったタイプの腕時計であることも、注目される理由のひとつになっています。近年のモデルはセラミックやサファイア、チタンといった先進素材が採用されているなど、現代的なアップデートも高く評価できます」

トミヤ ユーロサロンで接客回数が多いブランパンの一本

「ダイバーズでは珍しい、小振りな38mm径の男女兼用サイズです。腕で程よい存在感を発揮しながら、趣たっぷりです。深海を彷彿とさせる濃いブルーに、視認性を高める夜光付きのインデックスと針を備えています。上質でありながら優れた機能も両立したミドルサイズのダイバーズといえます


ブランパン「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」 Ref.5100-1140-O52A 125万4000円

フランス海軍特殊潜水部隊に向けて開発されたフィフティ ファゾムスの誕生から3年後の1956年に追加された「バチスカーフ」は、デイリーユースやレジャーダイビングに使われることを想定し、スマートなデザインが採用された。現行の38mm径モデルは、オリジナルのコンセプトを引き継ぎつつ、薄型&小径のマニュファクチュールムーブメントを搭載。

スペック:自動巻き(自社製Cal.1150)、毎時2万1600振動、100時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、セイルキャンバスストラップ、セラミック インサート搭載のステンレススチール製逆回転防止ベゼル(目盛りスケールはリキッドメタル®)。直径38mm、厚さ10.8mm。30気圧防水。

 

<取材・撮影協力>
トミヤ ユーロサロン


TEL:086-232-1038
住所:岡山県岡山市北区表町2-2-58
営業:11:00~19:30
定休日:無休

https://www.tomiya.co.jp/

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業日や営業時間の変更などを行っている可能性があります。
※スタッフは接客時、感染症予防のためマスクを着用しています。
※価格はすべて記事公開時点の税込価格です。

Text/WATCHNAVI編集部

TAG

人気のタグ