【ブライトリング】ナビタイマー&クロノマットの新作について横浜元町/渋谷の人気時計店のリーダーに魅力を聞いた

2022/11/30 12:00
SHARE ON

2022年は【ブライトリング(BREITLING)】にとって重要な年となった。永世定番の「ナビタイマー」が開発開始から70周年という節目にモデルチェンジを果たし、さらに今秋にはもうひとつの定番「クロノマット」に新鮮味あるニューモデルが登場するなど、話題に事欠かない注目ブランドに挙げられている。これらを取り扱うショップの目にはどう映っているのだろうか? その実情を知るべく、国内でも指折りのブライトリング販売実績を持つCOMMON TIMEに話をうかがった。

 

COMMON TIME 横浜元町本店 今西店長

「原点回帰したナビタイマーは長年のファンの方々にも好評」

―― リニューアルされたナビタイマーについて答えてくれたのが、COMMON TIME 横浜元町本店の今西店長。ブライトリングファンの反応や今西さんが考える新型の魅力とは?

(今西店長)「ナビタイマーはブライトリングの“顔”といえる存在です。2022年が開発着手から70周年というメモリアルイヤーで、このタイミングでの新型への移行はとても話題性があり、『実物を見てみたい』というお客様の来店動機にも繋がっています」

―― 文字盤はシンプルさを強めた印象。その評価はいかに!?

「第一印象で重要な割合を占める文字盤には、ウイングロゴからBロゴを経て、新型ではAOPAロゴが復活。ナビタイマーが原点回帰を果たしました。ご案内する際はナビタイマーのヒストリーブックを開き、基本デザインをほとんど変えずに続いていることや、最初期のモデルにもAOPAロゴがあしらわれていたことをお伝えしています。すると、とても興味を持っていただけますね。また、シースルーバックから見えるキャリバー01がスケルトンローターの新デザインになっていることもご案内します。ここも見逃せない新型の魅力です」

―― 伝説的な初期ナビタイマーRef.806に範を取りながら、歴代モデルのあらゆるエッセンスを集結させ、モダンな要素も取り入れた新生ナビタイマー。実機に触れた長年のファンは、どのような感想を抱いたのだろう?

「皆さんが気にされるのも、やはりロゴ。ナビタイマーは航空時計、すなわち身に着ける計器として開発された背景がありますから、今回のAOPAロゴはそれに立ち返るものとして好印象に受け止められています。それと風防が、サファイアクリスタルでは難しいとされるレトロなドーム型を見事に実現しています。フォルムが独特なため、文字盤の見え方をチェックされる方もいらっしゃいますね。クロノグラフは3サイズの展開で、存在感抜群の46mm径を選ばれる方もいらっしゃいますが、ニーズは43mm径と41mm径に集まっています。カラーダイアルの登場もトピックスで、すでにナビタイマーユーザーの方でも買い足されることがございます。『ブライトリングは何本でも揃えたい』というほど、熱心なファンがたくさんいらっしゃるのがブライトリングです。そうした方々にも“顔”として認められている新生ナビタイマーは、歴代随一の完成度といえるわけです」

COMMON TIME 横浜元町本店・今西店長イチ押しのブライトリング


ブライトリング「ナビタイマー B01 クロノグラフ 43」 Ref.AB0138211B1P1 107万2500円

スペック:自動巻き(自社開発製造Cal.01)、毎時2万8800振動、約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル風防、アリゲーターストラップ。直径43mm、厚さ13.6mm。3気圧防水。

 

 

COMMON TIME 渋谷公園通り 佐竹店長

「クロノマットのルーローブレスは他にはない個性と装着感が魅力」

―― クロノマットから生まれたまったく新しいモデル「クロノマット オートマチック GMT 40」について、COMMON TIME 渋谷公園通りの佐竹店長の評価はこうだ。

(佐竹店長)「40mm径のサイズは、これまでクロノマットにはラインナップされていませんでした。また、そのサイズに合わせてクロノグラフをGMTに置き換えたことで、従来とは異なるシンプルにまとめられた美しいデザインが生まれました。42mm径のクロノグラフと比べてルーローブレスは細身で、ケースもスリムです。こうしたスマートなスタイルからスペックまで非常にバランスが取れているうえに、最近のGMTウオッチの需要がにわかに伸びていることも手伝って、すでに多数のお問い合わせをいただいております」

―― なぜいま、GMTウオッチを欲しがる人が増えているのか?

「コロナ禍に突入し、海外への旅行や出張は難しくなってしまった一方で、この機会に投資をされる方が増えています。そういった方は国外のマーケットも注視されていらっしゃいます。ですから、日本に居ながら海外の時刻も意識できるGMTウオッチが重宝されているわけです。これからは海外への渡航の機会も増えるでしょうから、ご提案の幅が広まるクロノマットのGMT仕様の登場は販売店としても嬉しい限りです」

―― さらにこの「クロノマット オートマチック GMT 40」は、“選択肢”の面でも優秀のようだ。

「カラーバリエーションが豊富なことも魅力です。ファーストウオッチなら文字盤は定番のブラックやホワイトをご提案しますし、すでに複数本お持ちの方であればグリーンも候補として挙げさせていただくことになります。このグリーン文字盤は、深い色合いで遠目からはほぼブラックに見えるのがユニーク。様々な表情をお楽しみいただけることでしょう」

―― 2020年のモデルチェンジを経て現行のスタイルに移ったクロノマットは、渋谷店を訪れる人にどう評価されているのか?

「当店を目的に渋谷を訪れる方以外にも、渋谷の公園通り沿いというアクセスしやすい立地から、腕時計にご興味のある方にもお立ち寄りいただいております。若い方から年配の方までご利用いただく層は広く、最近はとくに20代後半から30代の方のご来店が多いです。ブライトリングでは、クロノマットが注目されていますね。特徴やこれまでの歴史などをご案内するのはもちろん、ご試着いただくことで腕馴染みの良さを気に入っていただいております。削り出しのルーローブレスは円筒型で一般的なブレスレットよりも手首に触れる面積が少なく、独特の快適さが得られます。カラー以外にもサイズバリエーションの拡大による“選択肢”によって、ペアウオッチとしてもご購入いただくケースも増えています。これは従来には見られなかった点で、ブライトリングの新しい一面といえるでしょう」

COMMON TIME 渋谷公園通り・佐竹店長イチ押しのブライトリング


ブライトリング「クロノマット オートマチック GMT 40」 Ref.A32398101L1A1 69万3000円

スペック:自動巻き(Cal.ブライトリング32)、毎時2万8800振動、約42時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース&ブレスレット、ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル風防。直径40mm、厚さ11.7mm。200m防水。

 

 

▼COMMON TIME 横浜VIVRELaLaport 横浜でもブライトリングを取り扱い中▼

 

COMMON TIME 横浜VIVREイチ押しのブライトリング


ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 42」 Ref.A17375E71G1A1 59万4000円

(横浜VIVRE 販売スタッフ)「前作に比べてラグが短くなったことでより装着感が高められているほか、インデックスがバーに統一されてすっきりした文字盤となってさらに読み取りやすくなりました。試着時に注目いただきたいのが、バックルに搭載された微調整可能なアジャスター機能。フィット感をわずかに緩めたいときなどに便利です。こうした変更点からビジネスシーンにも使えるダイバーズウオッチといえます。カラーとサイズのラインナップが多彩なため、ぜひ店頭でお気に入りの一本を見つけてください」

スペック:自動巻き(Cal.ブライトリング17)、毎時2万8800振動、約38時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース&ブレスレット、ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル風防。直径42mm、厚さ12.5mm。300m防水。

 

 

COMMON TIME LaLaport 横浜イチ押しのブライトリング


ブライトリング「プレミエ B01 クロノグラフ 42」 Ref.AB0118221B1P2 100万1000円

(LaLaport 横浜 販売スタッフ)「ブランド唯一のドレスウオッチの位置付けながら、ブライトリングらしく実用性を求めて100m防水のケースや、自社開発製造のキャリバー01の搭載によって70時間パワーリザーブを実現しています。両サイドに施されたユニークな溝のあしらい、トラディショナルな長方形型のプッシュボタン、そしてサンレイ加工を施したパンダルックのグレー文字盤など、実にエレガントなディテールを備えています。デイリーユースに最適なクロノグラフの有力候補です」

スペック:自動巻き(自社開発製造Cal.01)、毎時2万8800振動、約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル風防。直径42mm、厚さ13.6mm。100m防水。

 

 

(今西店長)「COMMON TIMEでは由緒があり、アフターサービスにも定評があるブランドを中心に厳選して取り扱っており、ブライトリングはその筆頭といえます。本格的な腕時計を長くご使用いただくにはメンテナンスが必要で、我々はそのサポートのためにもお客様との信頼関係が何よりも大切だと考えています。そして、『また帰って来たい(=再訪したい)』と思ってもらえるような、アットホームな店舗を目指しています」

 

横浜市と渋谷区に計4店舗を展開するCOMMON TIMEは、いずれも高級時計を販売する正規店だがスタッフの接客は気さくで、相談をしやすい雰囲気。さらに購入時計についてはクリーニングや磁気抜き、精度チェックといった充実のアフターサービスを無料で実施しているなど、立ち寄りたくなる理由がある。その目的がたとえ時計談議であっても、スタッフは歓迎してくれるに違いない。とりわけ力を入れているブライトリングは、話題のニューモデルから人気の定番機まで数多くをラインナップ。取材を受けてくれた看板店長たちに相談することでベストな逸品に出会えるはずだ。

 

 

<取材・撮影協力>
COMMON TIME 横浜元町本店

TEL:045-662-0041
住所:神奈川県横浜市中区元町3-120
営業:11:00~20:00
定休日:元日

https://common-time.jp/

 

COMMON TIME 渋谷公園通り

TEL:03-3780-5550
住所:東京都渋谷区神南1-20-7(公園通り)
営業:11:00~20:00
定休日:元日

 

COMMON TIME 横浜VIVRE

TEL:045-620-5790
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-15-13 横浜VIVRE 1F
営業:11:00~21:00(土日祝 10:00~21:00)
定休日:施設に準ずる

 

COMMON TIME LaLaport 横浜

TEL:045-414-1632
住所:神奈川県横浜市都築区池辺町4035-1 LaLaport 横浜2F
営業:10:00~20:00(土日祝10:00~21:00)
定休日:施設に準ずる

 

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業日や営業時間の変更などを行っている可能性があります。
※スタッフは接客時、感染症予防のためマスクを着用しています。
※価格はすべて記事公開時点の税込価格です。

Text/WATCHNAVI編集部 Photo/我妻慶一

TAG

人気のタグ