【IBEゼミ/最終講】2008-2018 6年ぶりのバーゼルワールド復帰。 原点を振り返りつつ、果敢に世界へ挑戦

今回が最終講で少し寂しい、伊部先生とIBEゼミ講師・スピード五郎

デジタルで培った技術力を世界のアナログ市場で発揮

こんにちは! IBEゼミ講師ナンバー「5600」のスピード五郎です。今回はいよいよ最終回です。

そもそもカシオの得意分野はデジタルですが、時計市場の規模は圧倒的にアナログのほうが大きい。その点、バーゼルワールドは、やはり“アナログ”の見本市です。2008年、6年ぶりのバーゼル復帰は“アナログ”への勝負に出たことを意味する、と考察しますが、伊部先生、いかがでしょう?

「それで正しいと思います。言い方を変えれば、得意のデジタル分野で培った強みを、アナログ市場で発揮する自信がついた、ということ。その試金石として発表したのが、欧州への初出展となるMR-G、MRG-8000。歴代MR-Gでも桁違いのハイエンドモデルで殴り込みを掛け、極めて高い評価を得ることができました」

こうしてアナログとデジタルの相乗効果を経て、世界的にもG-SHOCKの認知度は上昇しています。2009年からは毎年「SHOCK THE WORLD TOUR」が世界の主要都市で開催され、G-SHOCKを愛するビッグアーティストたちが参加しています。こうした場では“G-SHOCKの伝道師”として活躍している伊部先生ですが、何か面白いエピソード、ありませんか?

「ある日、2歳くらいのお子さんを連れたお母さんが来られていて、“私とこの子がG-SHOCKファンなんです”と私に言いました。なぜ、2歳の子どもがG-SHOCKファンなのか聞き返したところ、“G-SHOCKは丈夫で安全なので、歯固め(おしゃぶり)に最高で、この子も大のお気に入りなんです”と教えてくださり、なんだかとても感動しました(笑)。

また、いろいろな国でG-SHOCKの強さを評価する独自パフォーマンスを行うことがあります。ステージの高い天井からG-SHOCKをどっさり落とすとか。その度に、失敗したらどうしよう、と寿命が縮まるほど不安になります。今のところG-SHOCKは丈夫で全てうまくいっているのですが、私にとっては、とても体に悪いパフォーマンスです(笑)」

最も価値ある素材と、最も壊れやすい素材で製作

2017年11月、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで開催されたSHOCK THE WORLDのステージにも伊部先生がいました。

「私は1983年にG-SHOCKを作り、1996年にフルメタル化しました。2年前には、時計の素材として究極の価値を持つゴールドのG-SHOCKも作ることができました。それが35年目の開発に向け私に重要なヒントをくれたのです。“最も壊れやすい素材でG-SHOCKは作れるのか”。最も壊れやすい素材といえば、ガラス。これが、そのサファイアガラス製G-SHOCKです!」

伊部先生が高々と突き上げた左腕には、赤いルビー色に輝くG-SHOCK! 新開発の“フルガード構造”により、耐衝撃性もクリアしていました。

「G-SHOCKには、たくさんの人たちが関わっています。また、たくさんのファンの方々もいらっしゃいます。その方々の総力で、1億個出荷達成と、35周年を迎えることができました。感謝を込めて、G-SHOCKの非常識な発想の原点に戻り、サファイアガラス製G-SHOCKのように新たな挑戦ができれば、皆でさらなる飛躍を目指せるのでは、と考えたのです。これは同時に、ファンの方々にも喜んでいただけるのではないかと思っています。これからも新たなチャレンジができれば幸せなことですね。

ちなみに私が直接G-SHOCK開発部署に在籍していたことは、実はこれまでほとんどありません。カシオのいいところは、いつでも誰でもチャレンジできる風土です。私もG-SHOCKに新しい風が必要だと思ったときに、自主的な提案で会社の了解をもらい、チャレンジしています。この会社の風土には、本当に感謝しています」

こうして35年を振り返ると、G-SHOCKの歴史は、すなわちカシオ開発陣の“挑戦”の歴史。絶え間なく進化する限り、その魅力が色褪せることはありません。そして今後どんな方向へ進もうと、初代モデル開発時の“壊れない時計”という基本コンセプトは、必ず継承されていくはずです。それが1983年に時計界の常識を覆す革命を起こした、G-SHOCKのアイデンティティそのものだからです。わたくしスピード五郎もG-SHOCKの一ファンとして大いに期待しています。IBEゼミご清聴、ありがとうございました!

G-SHOCK生誕35周年を記念して開催中のグローバルイベント「SHOCK THE WORLD」の第1回。2017年11月、ニューヨークで「G-SHOCK 35th Anniversary World Premier in NY NY SHOCK THE WORLD」が開催されました。

IBEゼミ全4講で公開される合言葉を組み合わせてキャンペーンに応募!

G-SHOCK検定では、1級までの全問正解者を対象にプレゼントキャンペーンを実施中! IBEゼミにて公開された合言葉を組み合わせて、以下の専用フォームから応募をお願いします。合言葉は全4文字。正しく組み合わせた単語をお知らせください。正解者のなかから抽選で1名様にGMW-B5000をプレゼント。惜しくも外れた方から、さらに抽選で10名様にG-SHOCK検定1級のリアルな認定証をご希望のお名前を印字してプレゼントいたします!

(※応募期間は6月30日まで。当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます)

最後の合言葉は「

1級合格認定証のダウンロードは「こちら

全問正解おめでとうございます!

キャンペーンご応募は「こちら

伊部菊雄
1976年カシオ計算機入社。最初に配属された技術部・外装設計で耐衝撃構造を生み出す。近年は、製品哲学の伝道師として世界中でプレゼンを行う一方、独自企画も手がける
Print Friendly, PDF & Email