ブライトリングのスーパーオーシャンはなぜ愛される? 実機を試着&レビュー!

海辺だけでなくタウンユースやビジネスシーンまで、多くの場面で抜群の存在感を発揮すると評判のブライトリングのスーパーオーシャン。その三針モデルとクロノグラフを実際に試着しましたので、レビューします。

スーパーオーシャン クロノグラフの

新バージョンが誕生

1957年にプロ用ダイバーズとして誕生したスーパーオーシャンは、ダイビングのレジャー化に伴って人気を博し、同社のパイロットウオッチと同様、飽くなき進化を続けました。2015年のフルモデルチェンジでダイアルとインデックスがスポーティになったほか、ケースもスマートに。サイズ的には、従来の42㎜径と44㎜径にレディス用の36㎜径が加わっています。
そして2016年、先代から直径が2㎜小型化されたスーパーオーシャン クロノグラフの新バー ジョンが誕生。三針モデルとともに鮮やかなブルーカラーが人気を集めています。

breitling2
スーパーオーシャン Ⅱ 42
Ref.A182C15PSS
44万2800円
腕が細くてもジャストサイズで着けられる42㎜径バージョン。メタルの目盛りを残してブルーのラバーをモールドした逆回転防止ベゼルは、傷がつきにくいだけでなく、操作時には滑り止めの効果もあります。自動巻き。500m防水。

breitling3
スーパーオーシャン クロノグラフ 42
Ref.A108C36PSS
59万4000円
200m防水を誇るダイバーズ・クロノを、42㎜サイズで実現。ラバーをモールド成型した逆回転防止ベゼルや、強力な夜光を塗布した大型アラビア数字など、三針と共通のオーセンティックなデザインは、シーンを選ばず使いやすいです。

ブルーダイアルが腕元を爽やかに演出

早速、42㎜径となった新クロノグラフと三針モデルのブルーダイアルを着用。まず、厚みを抑えたサイズ感が好印象です。本体とブレスの重量バランスが良好なため、腕に乗せたときの安定感も抜群にいいのです。 またブルーダイアルが、マリンスポーツだけでなく、スーツスタイルにも似合うことに、あらためて驚かされました(下記写真参照)。スタイリッシュな表情にして、普遍的なルックスのため、年齢を重ねても末永く使えていけます。特に爽やかな腕元を演出したいなら、ブルーダイアルで決まりですね!

breitling642㎜径ならシャツの袖口も余裕。青文字盤は紺のジャケットや青系ネクタイと相性抜群。

breitling5青い海と空のもとマリンスポーツに青文字盤はよく似合います。計時機能もうまく活用したい。

ブラックも人気!! スーパーオーシャンの人気バリエ

breitling4
(右)スーパーオーシャン 44 スペシャル
Ref.M192B92OPB
58万3200円
強靭なブラックスチールケースのサテン仕上げと、セラミックベゼルの光沢感が好対比を成す特別な2016年新作。プロの飽和潜水に対応するオート・エスケープ・バルブを左サイドに備え、防水性能は1000mを誇ります。44㎜径。

(中央)スーパーオーシャン Ⅱ 44
Ref.A192B68PSS
46万4400円
3サイズのうち最大の44㎜径は、ヘリウムガス自動排出バルブを搭載した1000m防水の大深度ダイバーズ。ラバーをモールド成型した逆回転防止ベゼルは指掛かりがよく、機能に徹した定番デザインなので末永く使えます。

(左)スーパーオーシャン Ⅱ 42
Ref.A182B67PSS
44万2800円
丸みを帯びたオーセンティックな数字書体が印象的な本格ダイバーズの42㎜サイズ。スリムなケース形状と軽量化によって、快適な着け心地を味わえます。500mの防水性や逆回転防止ベゼルなどのプロスペックを手軽に楽しめます。

海でも街でも活躍するブライトリングのスーパーオーシャン。“プロのための計器”であるがゆえの絶妙な装着感と信頼感はもちろん、ケース厚を抑えたスタイリッシュなフォルムに感動しました。まさしく万能なダイバーズウオッチです!

Print Friendly, PDF & Email
TAG