【SIHH2018速報】新しくなったサントス ドゥ カルティエはブレスレットのコマまで自分で調整可能な新システムを装備

国際高級時計展(SIHH)の最注目ブランドといえば、カルティエをおいてほかにありません。毎年のように驚きのウオッチメイキングを披露する世界のトップメゾンは、メタルブレスレットのカスタマイズ領域を広げた革新システムを披露しました。

 

サントス ドゥ カルティエ

1904年、世界初の本格メンズウオッチとしてカルティエが世に送り出した名機“サントス”が、2018年に最新スタイリングへと進化を果たしました。

11_Santos_de_Cartier_Compo

マスキュリンな雰囲気を漂わせるスクリューを強調したウオッチは、ベゼルからブレスレットまで流れるようなラインを描きます。ブレスレットにはラグとの着脱が簡単な「クイックスイッチ」機構に加え、コマ詰めがオーナー自身の手で簡単に行える「スマートリンク」機構も備えています。

09_Santos_de_Cartier_LM_WSSA0009

10_Santos_de_Cartier_LM_WSSA0009

新しくなったサントス ドゥ カルティエには、オートオルロジュリーで初となるステンレススチールケースでのスケルトンウオッチも登場しました。

 

レヴェラシオン ドゥヌ パンテール ウォッチ

09_Revelation_Cartier_red_HPI01260_v3

針やメカニズムが浮遊しているかのような「ミステリアスムーブメント」を得意とするカルティエが、文字盤表現の可能性をさらに切り開きました。レヴェラシオン ドゥヌ パンテール ウォッチは、文字盤に封じられた無数の細かなゴールドビーズが時計の傾きに応じて動きます。そのゴールドビーズの軌跡が、パンテールの顔を描き出すというものです。

 

カルティエ オートオルロジュリー

カルティエのファインウオッチメイキングの真髄を具現化したオートオルロジュリーの新作コレクションでは、各モデルにメゾン初の試みがなされました。

01B_ROTONDE_CARTIER_SKELETON_MYSTERIOUS_DLB_TBLLON_WHRO0039

ロトンド ドゥ カルティエ スケルトン ミステリアス ダブルトゥールビヨン ウォッチは、60秒で1周するキャリッジと、それを支える5分1回転のディスクの組み合わせからなるダブルトゥールビヨンをミステリアス機構によって構築。さらにスケルトンムーブメントを採用してしまった驚異的なコンプリケーションです。

 

03B_ROTONDE_CARTIER_MYSTERIOUS_DAY_AND_NIGHT_WHRO0042

ロトンド ドゥ カルティエ ミステリアス デイ & ナイト ウォッチは、ミステリアスムーブメントとデイ/ナイト表示の融合が新鮮な一本。文字盤の下側ではレトログラード式の分表示を行う一方、上側では天空に浮かぶがのごとく浮遊する太陽と月によって昼夜を含む時間を表示します。

最新作のレビュー記事はコチラ

TAG