【腕時計ブランドの教科書 IWC】1868年から現在に至る変遷 IWCとは時計機構の開発者たちの歴史である

2018/5/26 9:00
SHARE ON

時計の歴史に名を残す名機を数多く開発した「IWC」

IWCはスイス伝統の職人技術と米国最先端技術の融合を目指して1868年に創業。同年、独自の緩急針やバイメタル補正テンプを備えた「ジョーンズ・キャリバー」を開発し、84年にはデジタル式時計を発表するなど、創業当初から斬新な複雑機構で名声を得る。

米国ボストンの才能豊かな時計師だったフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが創業。 
創業者の名にちなんだ「ジョーンズ・キャリバー」(1875年頃製造)は、長い緩急針が特徴。

その後の展開は多彩で、航空時計の最高傑作とも称される「スペシャル・パイロット・ウォッチ」(1936年)、ラグジュアリーな大型高精度モデル「ポルトギーゼ」(1939年)、500年先まで正確にカレンダーを表示する驚愕のコンプリケーション「ダ・ヴィンチ」(1985年)など、時計の歴史に残る名機を発表してきた。

最近では、2005年に高耐磁性能を持つ「インヂュニア」の復活をはじめ、毎年のように各シリーズのフルモデルチェンジを敢行。2017年には、「ダ・ヴィンチ」が10年振りにフルモデルチェンジを遂げている。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG