【腕時計ブランドの教科書 ジャガー・ルクルト】腕時計の自社一貫製造を続けるマニュファクチュールの代名詞(JAEGER-LECOULTRE)

2018/11/9 12:00
SHARE ON

マニュファクチュールを貫く時計の”発明家”

ジャガー・ルクルトは、時計大国スイスでも数少ない、長年にわたってマニュファクチュール体制を続けている名門である。創業者は、1844年に「ミリオノメーター」を発明し、時計製造の歴史を変えたアントワーヌ・ルクルト。ムーブメントの開発では、1890年の段階で125種類ものムーブを製作する、まさに発明家であった。

優秀な時計師だった創業者のアントワーヌ・ルクルト。 1851年には第1回万国博覧会に懐中時計を出品して金賞に輝いた
1833年、創業者の生まれ故郷でもあるル・サンティ エに工房を開設。ここからジャガー・ルクルトの栄光の歴史が始まった
ミクロン単位の計測を可能にした「ミリオノメーター」を1844年に発明。これにより時計部品の加工精度が飛躍的に高まった

腕時計の開発では、1931年に世界初の反転式角型ウオッチ「レベルソ」を発表。このモデルは、いまも世界中で愛されるロングセラーである。他にも、1953年にはリューズなしの自動巻き時計「フューチャーマティック」、1956年には初の自動巻きアラーム時計「メモボックス」などの傑作を、20世紀半ばに手がけてきた。

近年も、厳正なる自社規準「1000時間コントロールテスト」の基で、時計界随一のタイムピースを意欲的に製作している。

 

【ジャガー・ルクルトの代表作】反転式ケースの利点を活かして、表裏両面で時刻を表示

レベルソ・クラシック・ ミディアム・デュオ・ スモールセコンド 96万1200円/Ref.Q2458420

表と裏のダイアルで、異なる2つの時刻を表示できる人気コレクションに加わったスモセコモデル。ケースサイズ縦42.9×25.5㎜と小振りなので、メンズ&レディスのシェアウオッチにも最適。手巻き。SSケース。

マスター・コントロール・デイト 67万5000円/Ref.Q1548530

2017年のマスター・コントロール誕生25周年を祝して登場。マリンカラーをテーマに、バトン型スケルトンハンドやミニッツトラック、ストラップまで爽やかな色調で統一。自動巻き。SSケース。

マスター・ウルトラスリム・ リザーブ・ド・マルシェ 98万8200円/Ref.Q1378480

ポインターデイト/パワーリザーブ・インジケーター/スモールセコンドが、アズライトブルーのダイアル上で見事に調和。ケース厚はコレクション名の通り、わずかに9.85㎜(39㎜径)。自動巻き。SSケース。

デュオメトル・カンティエーム・ルネール 495万7200円/Ref.Q604 24 22

革新的な「デュアル・ウィング」コンセプトに基づき、独立した2つのパワーリザーブを搭載。1つは正確な計時、もう1つが各種機能表示を担う独自開発の超絶機構を搭載。6時位置には1/6単位のセコンド表示も配置。ケース径42㎜。手巻き。18KPGケース。

レベルソ・クラシック・ラージ 94万5000円/Ref.Q382 84 20

アールデコ様式の幾何学的なフォルムのケース、ゴドロン装飾の文字盤、端正なアラビアンデックスと「レールウェイ」ミニッツトラックが織りなす造形美が魅力のアイコンモデル。表ダイアルは時、分表示。裏ダイアルはエングレービング可能なケースバック仕様。自動巻き。SSケース。

 

【2018年の新作】伝説の名機をアラームの音色まで忠実に再現

ジャガー・ルクルト ポラリス・メモボックス 151万2000円/Ref.Q9038670

1968年誕生のポラリスを、アラーム音を増幅する三重ケースバックまで忠実に再現した復刻版。右側の3本のリューズは、上が文字盤中央で表示されるアラーム用、真ん中がインナーベゼル操作用、下が通常のリューズだ。

ケースバックには、1968年モデルと同じく「ヘルメットを被った潜水士」が刻印される

 

○JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)
創業年=1833年
創業者=アントワーヌ・ルクルト
創業地=スイス/ル・サンティエ
問ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

【さらに詳しく!】JAEGER-LECOULTREの現行コレクションを見るならコチラ

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ