【腕時計ブランドの教科書 JAQUET DROZ】“孤高の天才時計師” が創業。博物館級の名作を残す(ジャケ・ドロー)

2018/7/25 12:00
SHARE ON

世紀の天才時計師の哲学を伝承する

ジャケ・ドローは、世紀に”孤高の天才時計師” と称されたピエール–ジャケ・ドローが創業。彼の作り出すオートマタ(機械式からくり人形)や複雑機構は、フランスやイギリスなどの各国王侯貴族に歓迎され、いまなお博物館級の名作が残されている。

創業者のピエール-ジャケ・ドローは、オートマタの第一人者としてルイ16世にも謁見していた
18KYGケースにホワイトエナメル文字盤を採用した18世紀製作のポケットウオッチ
2010 年よりジャケ・ドローの生誕地、スイスのジュラ山脈にあるラ・ショー・ド・フォンに回帰する。18世紀より受継がれる伝統技術を搭載した時計を生産

ジャケ・ドロー親子とひとりの弟子までで、ブランドの歴史はいったん途絶えるが、2000年からは、スウォッチ グループの傘下に入り本格的に再始動している。

現在は、オートマタの開発の他、エナメルや細密画、彫金を採用した文字盤など、中世ヨーロッパの宮廷文化を彷彿とさせる優雅な作風で新たなファンを獲得。世紀に迫る長き歴史に相応しい、伝統の時計製造を実践し続けている。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG