【腕時計ブランドの教科書 パルミジャーニ・フルリエ】〝神の手〞を持つ時計師が創業し、独自の地位を確立(PARMIGIANI FLEURIER)

2018/10/13 15:00
SHARE ON

〝神の手〞を持つ時計師が創業

アンティークウオッチの修復を中心に活躍していたミシェル・パルミジャーニが創業。創業2年目の1998年には、ブランド初の完全自社製手巻きムーブメントCal.110を開発。

2001年発表の〝美と調和〞をテーマにしたトノー型ウオッチ「カルパ」で、早くも独自の地位を確立した。さらに2004年には時計界に衝撃を与えた、史上初の垂直輪列を持つ「モントル ブガッティ T y p e 370」で、その名を世界中に知らしめた。

修復師として“神の手”を持つとまで言われた創業者のオーナー時計師ミシェル・パルミジャーニ

現行コレクションはコンプリ系からクロノ、3針まで多彩に展開。同グループ内に5社の製造工場を持ち、ケースからひげゼンマイまで完全自社製造を実現する、スイス時計界でも稀有な存在だ。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG