G-SHOCK×海上保安庁! タフネスが共鳴した、高性能ダイバーズウオッチ『GWF-D1000JCG』

7月6日、G-SHOCK唯一のダイバーズウオッチ“FROGMAN(フロッグマン)”から、海上保安協会(海上保安庁)とのコラボレーションモデルが発売されます。海上保安制度創設70周年を記念して作られた『GWF-D1000JCG』は、13万8240円です。

海上保安制度創設70周年を記念したタイアップモデル『GWF-D1000JCG』

海上保安制度創設70周年を記念したフロッグマン「GWF-D1000JCG」 13万8240円

『GWF-D1000JCG』は、ベースモデルに3つの高精度センサーをFROGMANとして初めて備えた「GWF-D1000」を採用。
圧力センサーにより10センチ単位で80メートルまで水深を測る「水深計」、温度センサーにより0.1度単位で水温を測る「水温計」、磁気センサーにより1度単位で方位が測れる自動水平補正機能付きの「方位計」を搭載するほか、潜水時間や最大水深などを記録するログメモリー機能も搭載されています。

どれもダイバーにとって、本格的かつ実用的な機能が備えられているのは、海難救助のスペシャリスト「特殊救難隊」の意見が取り入れられているからだそうです。

「特殊救難隊」の潜水服をモチーフにした、スペシャルなデザインにも注目

デザインにも、海上保安庁“らしさ”を感じることができます。
今回のモデルのベースである「FROGMAN」の特徴は、ISO規格200メートル潜水用防水性能を備え、水中下でのミッションでも手首の動きを妨げないようデザインされた、左右非対称の独特なフォルム。それを活かしつつ、メインカラーには「特殊救難隊」の潜水服をモチーフにした、イエローとブラックが時計全体とスペシャルパッケージに配色されています。
さらに海上保安庁を象徴する「S字章」と「JAPAN COAST GUARD」の文字を6時側のバンドに入れ込み、遊環には庁名、裏蓋には庁旗に用いられている羅針盤のイラストを刻印。加えて、特殊海難隊のロゴマークである、イルカのキャラクターをバックライトに配すなど、スペシャルなモデルに仕上がっています。

常に過酷な環境と向き合う海上保安庁職員とG-SHOCK“フロッグマン”、それぞれのタフネスが共鳴して完成した、まさに特別なダイバーズウォッチに仕上がっています。

TAG