タグ・ホイヤーがプロクライマーの野中生萌をブランド・フレンドに抜擢!

タグ・ホイヤーのブランド・フレンドにプロクライマー野中生萌(のなか・みもう)選手が就任しました。日本人アスリートとのパートナーシップは、これが2例目となります。

タグホイヤーと野中生萌の共通点は、“挑戦する姿勢”

野中生萌(のなか・みほう)
プロクライマー 。1997年5月21日生まれ。9歳でクライミングを始め、2013年、16歳でリードワールドカップ日本代表に選出。2016年にはボルダリングワールドカップ ムンバイ大会で初優勝、ミュンヘン大会でも優勝を納め、世界ランキング2位へとのぼり詰めた。現在、2020年のオリンピックに向け、史上初の金メダルを目指して日々奮闘中

今回ブランド・フレンドに就任した野中選手は、女子ボルダリングワールドカップランキング2位を誇る世界的アスリート。2020年東京オリンピックから実施種目に追加された、ボルダリングのメダリスト候補としても注目を浴びています。

そんな野中選手のクライミングへの情熱と、常に積極的に挑戦を続ける姿勢がタグ・ホイヤーのスタイルと共通することから、このたびのブランド・フレンドという形になったわけです。

タグ・ホイヤーは、“#Don’t Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)“というテーマのもと、これまでも多くの自分に挑戦し続けるアンバサダーたちを起用。日本ではサッカー日本代表の香川真司選手、海外ではモデルのベラ・ハディッドや女優のカーラ・デルヴィーニュ、俳優のクリス・ヘムズワースらが選ばれています。つまり、タグ・ホイヤーが結ぶパートナーシップとは、革新を続ける同ブランドのスタイルを示すものなのです。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG