【有名時計店アンケート】売り場のトレンド変遷から「今年の売れ筋時計」を大予想!〜前編〜

若年層の時計購入率が上昇する昨今。高価格帯や小サイズのウオッチが売れ始めるなど、時計業界に新たなトレンドが誕生しています。
こうした店頭でのトレンド変遷をもとにした「2018年のヒット作」を、全国有力正規店に聞きました。果たして、実際の“売り”に直結するだろうとプロが認めた人気時計のリアルな実態とは!?

ゼニス「デファイ エル・プリメロ21 ブルー」

Ref.95.9002.9004/78.R584
138万2400円

ゼニスが誇るハイビートキャリバー「エル・プリメロ」にモジュールを追加し、1/100秒単位で計測可能とした独創クロノグラフ。新作ではムーブメントのプレートをブルーに仕上げたバリエーションが登場しました。

【時計店のコメント】
「20代のお客様が高級時計を購入される傾向が強まったように感じます。そういった方に是非提案したい一本ですね」(COMMON TIME/森崎啓介さん)

 

ユリス・ナルダン「クラシコ マニュファクチュール グラン・フー」

Ref.3203-136-2/E2
110万1600円(予価)

炎が出るほどの高温で釉薬を焼成する「グラン・フー」は、エナメル文字盤を作る技法の一つ。昨年発表のブルーに続く形となるブラック文字盤も、もちろんユリス・ナルダン傘下の名窯ドンツェ・カドラン製です。シリシウム製ひげゼンマイ搭載を備えたマニュファクチュールキャリバーUN-320を搭載。

【時計店のコメント】
「2〜3年前ほど前からお客様の時計に対する予備知識が深まっているように思います。今年は、個人的にも好きな名門、ユリス・ナルダンに期待しています!」(小田急百貨店/中山裕達さん)

ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス・ オートマティック」

Ref.4600E/000A-B442
138万2400円(予価)

1956年に発表されたモデル「リファレンス 6073」のデザインを継承した新しいコレクションは、SSケースの三針モデルが驚異のエントリープライスで登場。マルタ十字の4枝から着想を得たラグなど、ハイエンドブランドの技術と伝統はしっかり反映されています。

【時計店のコメント】
「フィフティーシックスは、ヴァシュロン・コンスタンタンを所有するという夢を叶えてくれる一本。こうした幅広い方に受け入れられそうなウオッチが増えています」(日新堂/稲月友和さん)

メカニケ・ヴェローチ「アイコン ナイトライト ジャパンエディション」

95万400円

1つのムーブメントで4つの時刻を示す新型キャリバーを搭載し、ケースやバックルもブラッシュアップされた「アイコン」の日本限定仕様。4つのダイアルのカラーリングが、華やかな雰囲気を醸し出しています。

【時計店のコメント】
「ダイヤモンド付きやスケルトンウオッチなど、周りと差がつくような個性的なデザインが人気。メカニケ・ヴェローチの新型はたくさんのお問い合わせをいただいています」(ロング スロウ ディスタンス/清水佳孝さん)

ゼニス「デファイ クラシック」

Ref.95.9000.670/78.R584
75万6000円

エル・プリメロと双璧をなすゼニスのフラッグシップキャリバー「エリート」を大胆にデザインした衝撃作。星をかたどったモダンなオープンワークで飾られたフェイスは、機能のシンプルさに対して見応え満点。6時位置にはデイト表示を備えています。

【時計店のコメント】
「若い方の購入単価が上がっています。クラシックな3針時計が好まれており、バリエーションが多い新作のデファイ クラシックに注目が集まっています」(アイアイ イスズ/小西達弘さん)

G-SHOCK「GMW-B5000」

Ref.GMW-B5000D-1 
6万4800円

5000シリーズで初となるフルメタル耐衝撃構造を実現。ベゼルやケース側面にヘアライン仕上げを施してメタルの質感を最大限に引き出した外装が、G-SHOCKの新たな可能性を感じさせます。また、ソーラーパネルをガラスからフィルムに変更して液晶の視認性も向上するなど、実用性を高めた点も魅力。

【時計店のコメント】
「40mm以下の収まりの良いサイズ感の時計や、文字盤に趣向を凝らした時計も増えるなか、スポーツ系ウオッチ人気が上昇中。フルメタルの角型G-SHOCKは、台風の目になりそうです!」(BEST ISHIDA/下田洋司さん)

Print Friendly, PDF & Email
TAG