【バーゼルワールド2018 SEIKO】100年を超える挑戦の歴史を受け継ぎ、未来へつなぐ(セイコー)

セイコーは、1913年に国産初の腕時計「ローレル」の製造を開始。1969年には世界初のクオーツ時計「アストロン」を発売して世界を席巻。1999年には、「スプリングドライブ」で高い技術力を示した。

グランドセイコーとセイコーの2大柱が独自の魅力を発揮

昨年のバーゼルで独立ブランド化を発表したグランドセイコーは、20周年を迎えるキャリバー9Sにフォーカス。一方のセイコーはプロスペックスのダイバーズの他、プレザージュとクレドールから美麗モデルを発表した。アストロンには初めてのスポーツモデルが加わって話題に。また、今年から「SEIKO SINCE 1881」の標語を積極的に世界へ発信すると表明。100年を超える挑戦の歴史を受け継ぎ、未来へとつないでいく決意だ。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG