【ドレスポウオッチ徹底解説①】50万円以内で上品かつ個性的な時計がドレスポ!青文字盤が光る厳選モデルに注目!

比較的買い求めやすい価格のスポーツウオッチは、セカンドウオッチとして最適。
その中でも、あらゆるシーンにおいて活躍する「上品さ」と「存在感」を兼ね備えている時計が「ドレス・スポーツウオッチ」(=ドレスポ)と称されています。

他にも、ドレスポのサイズ感は「直径42mm以下または厚さ13mm以下」、価格相場はおおむね50万円以内(一部90万円以内)。
オーデマピゲのロイヤルオークや、パティックフィリップのノーチラスといったラグスポは、ケースサイズに上限はなく、厚さは12mm以下が主流。価格相場は120万円以上など、サイズ感と価格相場においても明確に違いがあります。

今回は、そんな「ラグスポ」とは似て異なるジャンルである「ドレスポ」の違いを徹底解説。
さらに、1本持っていれば大活躍間違いナシのドレスポを厳選3モデルピックアップしてご紹介します。
スポーティにもドレッシーにも着けこなすことができ、重宝しますよ。

<ドレスポの定義>

エレガントながらもスポーツウオッチ特有のスペックを持ち合わせる超高級時計の「ラグジュアリー・スポーツウオッチ」(=ラグスポ)。
似た時計ジャンルながらも、両モデルには明確な違いが。
素材や仕上げなどを例に比較し、違いを解説します。

素材


高級素材であるゴールド以外の金属や艶感のあるセラミック、最先端のカーボン素材などを使用するドレスポ(左)。
一方、ラグスポ(右)はステンレススチールを採用するのが基本で、セラミックやカーボンなどの特殊素材が使われることは少ないのが特徴です。

仕上げ


ドレスポ(左)ではツヤ感に重点を置いており、ポリッシュ仕上げやサンレイ仕上げなど、光沢を生み出す加工を採用することが多いです。
対して、ラグスポ(右)ではクラシカルなギヨシェ装飾といった、職人の手による伝統的な仕上げが施されます。

デザイン

クラシカルからスタイリッシュなデザインまで幅広く、爽やかなブルーを取り入れたモデルがよく見られるドレスポ(左)。
ラグスポ(右)ではオーソドックスなデザインが主流です。

  1. 1
  2. 2
View All
TAG