伝説のレーシングカー「GT-40」のスピリットを継承したクロノグラフが登場!

1960年代、フォードはモータースポーツに参入し、打倒フェラーリを掲げてGT-40を開発すると、ル・マン24時間レースで4連覇を達成。伝説的なそのマシンにインスパイアされ、このたび誕生したのがチコリアのニューモデル「Gt-40」です。こだわり抜かれたデザインに、オーナー兼デザイナーのズヴィアド・チコリア氏の思いの大きさが表れています。

男のロマンが細部にまで詰まったタイムピース

チコリア「GT-40」8万4240円/クオーツ/SSケース/直径47mm/牛革ストラップ/5気圧防水

チコリアは、国際的な工業デザイナー である、ズヴィアド・チコリア氏が手掛ける腕時計ブランドです。チコリア氏には幼少時代から、ある夢がありました。それは「伝説のレーシングカーGT-40を所有する」こと。その夢を時計に込めたモデルが、伝説のマシンと同じ名を持つ「GT-40」なのです。

伝説のレーシングカー、フォード「GT-40」

「私は、フォードGT-40 の強さと不敗の名声をこの時計に体現するために最大の努力を払ってきました。他のすべての時計同様に、インスピレーションは私の幼年期に由来しています。しかし、GT-40は私にとっては唯一の神聖な存在なのです」と、チコリア氏はニューモデルについて述べています。

フォードGT-40を知り尽くしているチコリア氏がデザインした時計には、こだわりのディティールが随所に見られます。幾層にも施されたダイヤルのレイヤーは適度な重厚感があり、まるでGT-40のダッシュボードのゲージのよう。さらにストラップに開いた多数の穴は、GT-40 の座席にある穴をイメージしています。そしてカラーリングは、ご覧の通り、まさに「GT-40そのもの」と言える仕上がりになっています。

カラーは、ブルーとオレンジを配したガルフレーシングカラーをベースに、ブラックPVDとスティールの2色のケースを展開

こだわりはケース裏面にも見て取れます。裏ブタは、GT-40 のステアリングホイールの中心部をイメージ。ネジ頭に至るまで忠実にデザインされています。

伝説のレーシングカーに導かれるようにして生まれた「GT-40」。まさに男のロマンが詰まった1本です。

Print Friendly, PDF & Email
TAG