【SIHH2018 AUDEMARS PIGUET】ロイヤル オーク オフショア生誕25周年。節目にふさわしい怒涛の新作を発表(オーデマ ピゲ)

オーデマ ピゲは、世界初の「ミニッツリピーター」を1892年に、ソヌリや永久カレンダーなどを搭載した「グランド・コンプリカシオン」を1889年に完成させて時計史に名を残す。比類ない技術力から“奇跡の手”とも称される。

快進撃が続くロイヤル オークの新たな魅力を堪能

ロイヤル オーク オフショアが生誕25周年を迎え、節目にふさわしい怒涛の新作が発表された。RD#1(スーパーソヌリ)に続く第2弾は、同社が得意とする永久カレンダー機構を2.89㎜厚の中に組み込んだ驚異の一本。八角形ベゼルを再解釈したトゥールビヨン・クロノグラフの斬新さと、初代オフショア復刻版が体現する伝統の対比も見応え十分だった。そして高級異素材による新戦略を予感させる“ジャンボ”とダイバーも必見だ。

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG