【バーゼルワールド2018 CASIO】最先端の機能に加え、日本的な“美”の表現に注目(カシオ)

カシオの腕時計の歴史は「カシオトロン」 (1974年)から始まる 。「G-SHOCK」(1983年)や「プロトレック」(1995年)などで、世界を牽引する最先端のデジタ ル技術を駆使。現在は「オシアナス」 をはじめアナログ時計でも躍進中。

絶え間ない進化で、審美性の高い新たな価値を創造

スマホ経由でタイムサーバ ーに接続し、世界中の正確な 時刻を表示する「Connectedエ ンジン」を昨年のバーゼルで発表したカシオ。今年はそんな最先端の機能に加え、時計そのものの美しさの表現に注目が集まった。なかでもMR- Gやオシアナスの新作は、高い技術を誇る日本の職人が一つずつ手作業で仕上げたもので、日本のクラフトマンシッ プにあふれた作品。伝統技能の美しさや機能美など、感性的な価値が感じられるはず。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG