芸術の秋は時計でアート! 10月20日(土)~27日(土)まで、グランドセイコー ミラノデザインウィーク2018出展のインスタレーション「THE FLOW OF TIME」東京展を開催

セイコーウオッチ株式会社は10月20日(土)から27日(土)までの1週間、ミラノデザインウィーク2018発表のインスタレーション「THE FLOW OF TIME」東京展を、polygon青山で開催します。展示作品は、4月のミラノデザインウィークにウオッチブランドながら初出展したもの。なめらかな針の動きを特徴とする独自の機構「スプリングドライブ」をモチーフに選び、日本人の美意識の中にある自然界の「時の流れ」を映し出すかのような、その世界観を空間として表現したものになります。

スプリングドライブのパーツが1つ、また1つと合わさっていく

またたく光の粒をまといながら浮遊する時計部品は、一体ごとに形を変えていくオブジェの中で徐々に組みあがり、時計として動き始めます。整然と並ぶオブジェの背後には、時のうつろいを情感豊かに描く映像を圧倒的な迫力で投影しました。映像には、太陽や天体の軌道、降り散る花びら、水紋など、日本人が古来愛おしんできた「流れていく時」と自然美への憧憬とともに、日本の「今」を感じさせる情景が織り込まれました。オブジェと背後の移ろう情景が一体となり、普遍的でありながら常に新しい美の世界が眼前に展開されます。

また、映像作品「Kizamu / Nagareru」では、露光技術を自在に操り、舞い落ちる木の葉、木々にかかる雨などを通して、刻む時と流れる時の対比をエモーショナルに表現しています。

今回の展示は、DESIGNART TOKYO 2018公式プログラムの一環として披露されます。これは、青山や表参道、原宿、代官山、渋谷、六本木などの東京の街全体をメイン会場に、最先端のファッションやデザイン、アート、建築、食、テクノロジーなどがジャンルを超えて入り混じる、デザイン&アートフェスティバルになります。

東京展では、ミラノ・トリエンナーレ美術館での展示環境を可能な限り再現するとともに、映像に新たなセクションを加えるなどアップデートしています。高い精度と美しさを両立させたスプリングドライブと、「時の本質に迫る」グランドセイコーの思想を体感できるインスタレーションとなっています。

グランドセイコー スプリングドライブ搭載モデル 
ヘリテージコレクションRef.SBGA211 SSケース&ブレスレット 直径39mm(厚さ12.5mm) 10気圧防水 最大72時間パワーリザーブ

ミラノデザインウィークとは

毎年4月にイタリア・ミラノで行なわれる世界最大規模の家具見本市。日本で通称ミラノサローネと呼ばれる「サローネ・デル・モービレ・ミラノ(ミラノサローネ国際家具見本市)」と、同時期にミラノ市内各所で開催されるイベント・アート展示「フオーリサローネ」の2つを総称して「ミラノデザインウィーク」と言います。

57回目を迎えた今年のミラノサローネは、4月17日から22日まで開催。188か国1841社の企業や団体が出展し、前年比26%増となる約43万5千人が訪れました。フオーリサローネにも6日間で約50万人の集客があるなど、ミラノデザインウィークは最先端のデザインやアートを表現する国際的なイベントとして益々注目を集めています。

一般の来場者のみならずメディア、デザイン関係者から高い評価を獲得した「Approach to TIME.」は、DSA日本空間デザイン賞2018金賞とSDA賞(第52回日本サインデザイン賞)銀賞を受賞しました。

最高峰の腕時計を目指すグランドセイコー

ミラノデザインウィークへの出展にあたり、グランドセイコーは株式会社TRUNKの桐山登士樹(きりやまとしき)氏をプロデューサーに迎えました。クリエーターには、多彩なジャンルで活動を展開するデザインスタジオTAKT PROJECTの代表である吉泉聡(よしいずみさとし)氏、ストーリー性の高い映像表現に定評のあるCGディレクターの阿部伸吾(あべしんご)氏を起用しました。

TAKT PROJECTのインスタレーション作品「Approach to TIME.」では、形状の異なる12体の透明なオブジェに、それぞれ200以上からなるスプリングドライブの時計部品を封入。スプリングドライブとは、ゼンマイ駆動でありながら従来にはない日差1秒以内という高精度を実現したセイコー独自の駆動機構です。

「THE FLOW OF TIME」

会期・2018年10月20日(土)~10月27日(土) 無休

時間・10:30~19:30

会場・polygon青山 港区青山3-5-14 青山鈴木硝子ビルB1

(東京メトロ 表参道駅A3出口 徒歩2分)

 

問セイコーウオッチ Tel0120-061-012

公式サイト www.grand-seiko.com/

TAG