カール F.ブヘラからレトロスタイルの「マネロ フライバック」が登場!――創業130周年の歴史を感じさせる1本

今年、創業130周年を迎えたスイスの時計メーカー「カール F. ブヘラ」。その節目を記念し、人気コレクション「マネロ フライバック」に、レトロスタイルのニューバージョンを投入! カール F. ブヘラの新しい一面を感じられる1本と言えそうです。

これまでの歩みを振り返り、受け継いできた価値を形にしたタイムピース

マネロ フライバック レトロスタイル 95万400円/直径43mm、厚さ14.45mm、パワーリザーブ42時間

スイスの独立系時計マニュファクチュー ル「カール F. ブヘラ」は、今年創業130周年を迎えました。その節目に、1940年代頃から本格的に製造をはじめ、60〜70年代に多くのモデルを送り出した同社のクロノグラフにインスピレーションを受けた、人気コレクション「マネロ フライバック」のレトロバージョンを加えました。

そこには、「これまでの歩みを振り返り、受け継いできた価値を大事にしていく」という同社の決意が込められています。またレトロをベースにしているものの、現代的な解釈を加えたことで、全体的にスタイリッシュな印象のクロノグラフに仕上がっています。

ステンレススティール製のケース、ブラックの文字盤、シルバーラメのインダイヤル。そこに繊細な赤のアクセントを配色することで、大胆かつ上品な雰囲気を演出しています。さらにレトロなスタイルを強調しているのが新しいストラップ。起毛加工を施したゴールドブラウンのクーズーレザーストラップはナチュラル感にあふれ、ソフトな装着感をもたらします。

名前の由来にもなっている、短いインターバルで連続した時間計測が可能な「フライバック機能」を持つ、マネロ フライバックのレトロスタイルバージョンは、まさにスタイリッシュな大人の男のための1本と言えそうです。現在発売中、ぜひチェックしてみてください。

レトロバージョンにおいても、マネロシリーズの特徴である、現代にマッチした直径 43mmサイズ、クラシックなラウンド型というフォルムを踏襲している
TAG