今回のテーマカラーは「ネイビーブルー」! 2色のブルーが織りなす、ファッショナブルな5つのG-SHOCK(11月発売モデル)

世界のさまざまなカルチャーと融合し、機能面・デザイン面で常に進化を続ける「G-SHOCK」は、多彩なカラーリングも魅力のひとつです。今回のニューモデルのテーマカラーは、“ネイビーブルー”。ファッションのワンポイントにも使えそうな1本です。

ネイビーブルー×サックスブルーが鮮やかなニューモデル

G-SHOCKのニューモデルは2色成形。発色の良い「ネイビーブルー」をベースに、バンド裏に「サックスブルー」を配色しています。さらに差し色としてオレンジを加えることで、ファッショナブルな印象に仕上がっています。マットな質感にネイビーブルーが映えるカラーモデルは全5種類。一挙にご紹介しましょう!

AWG-M100SCC-2AJF 2万7000円/ベースモデルは、コンパクトなケースに電波ソーラーや針退避機能などの実用性を備えたAWG-M100S

 

DW-5600CC-2JF 1万2960円/ベースモデルは、初代 G-SHOCKのフォルムを受け継ぐDW-5600

 

GA-110CC-2AJF 1万7280円/ベースモデルは、デジタルとアナログ表示の定番モデルのGA-110

 

GA-400CC-2AJF 1万8360円/ベースモデルは、無骨な大型のケー スに大きなりゅうずボタンが特徴のGA-400

 

GA-800CC-2AJF 1万7280円

ブルーには「集中力を高める効果や、気持ちを落ち着かせる効果がある」という説もあります。この機会に、腕元に色を添えてみるのはいかがでしょうか?

 

【さらに詳しく!】11月発売、その他のG-SHOCKの新作はコチラ

TAG