日本の海上自衛隊に向けて開発された日本限定のダイバーズウオッチが登場! ジン「U2.J-SBF」

ドイツ製の腕時計メーカー「ジン」が日本の海上自衛隊に向けて開発した「U2.J-SBF」。 過酷なミッションを想定したダイバーズウオッチは、デザインも強度も抜群です!

どんな過酷な環境下でも動作する最強のダイバーズウオッチがベース

ジンが日本の海上自衛隊に向けて開発した初めての時計「U2.J-SBF」 51万8400円/ケース径44mm、200気圧防水、日本限定50本

新作「U2.J-SBF」のベースは、過酷な状況下に身を置く特殊部隊やプロのテクニカルダイバーなどが愛用するジンのUシリーズにおける、最強ダイバーズウォッチ「U2.SDR」をベースにしています。

海上自衛隊の中でも、特に潜水艦隊の任務に従事する隊員たちに向けて開発されたモデルです。最大の特徴は、ダイヤルの6時位置に配されたドルフィンマーク。さらに9時位置には海上自衛隊と潜水艦隊の略号「JMSDF」(Japan Maritime Self-Defense Force)および「SBF」(Fleet Submarine Force)が刻印されています。

Uシリーズのケース素材は、ドイツ最新鋭潜水艦の鋼鉄Uボート・スチール。海水耐性が優れているだけでなく、表面硬度が非常に高い素材です。テギメント加工を施して表面硬度を高めた回転ベゼルは、特殊結合方法による固定で強い衝撃でもはずれることはありません。

さらにジン独自の「Ar ドライテクノロジー」を搭載しているため、急激な温度変化にもサファイアクリスタルの風防が曇りを防止。2000mの耐圧テストをクリアした高い防水性を誇ります。

日本限定50本の「U2.J-SBF」は、まさに“プロフェッショナル”のためのダイバーズウォッチ。どんな状況でも絶えず時間を刻んでくれる心強いパートナーになってくれるでしょう。

時・分・秒針とインデックス、ベゼルの12位置のマーカーには、スーパーミノルバが施されており、暗所での視認性も確保
TAG