創業の地・銀座の中心で世界に「夢」を発信!「セイコードリームスクエア」

セイコーは、 新たなブランドの発信拠点として、4フロアからなる体験型の小売施設「セイコードリームスクエア」を12月20日(木)セイコー創業の地・銀座にオープン。銀座に出かける予定のある方は、「セイコーの新拠点」で、セイコーブランドを見て・触れて・体験してみては?

“おもてなしの場 ” として、銀座の中心から世界へセイコーブランドを発信!

“見て、触れて、 体験 ” できるミュージアム、ショールーム、エンターテインメント機能を備えるだけでなく、“ おもてなしの場 ” として、銀座の中心から世界へセイコーブランドをダイレクトに発信する新たな拠点「セイコードリームスクエア」。

気品に満ちた大人の街・銀座は、同時に最新のハイファッション・文化に出会える場所でもあります。また、近年はツーリストの急増により、日本全国だけでなく世界に開かれた商業地としてもその名が広く知られています。そんな銀座の中心である4丁目にオープンするのが、「セイコードリームスクエア」なのです。

セイコーの新拠点に一歩足を踏み入れると、まず目に入るのが、銀座の街のランドマークであり、セイコーの歴史のシンボルのひとつ、銀座・和光の時計塔の内部空間をコンセプトとしたミュージアムです。また、各フロアでは、「ドリームスクエア」の名に相応しい洗練された演出で、セイコーの主力ブラン ド で あ る 「プロスペックス」「プレザージュ」「ルキア」 そして「アストロン」が持つそれぞれの世界観に触れるとともに、日本の ” おもてなし” の詰まったショッピング体験を楽しむことができます。

今回「セイコードリームスクエア」の誕生で、セイコーウオッチの銀座での展開は高価格帯の充実した「和光本館」(4丁目交差点)と「セイコープレミアムブティック 銀座」(7丁目)、グローバルブランドを幅広く揃える「セイコーブティック」(GINZA SIX 5F)と合わせ4拠点体制となります。

そのなかで「セイコードリームスクエア」は、1881 年創業のセイコーの時計づくりのヘリテージを訴求するとともに、上記4ブランドをグローバルに展開させる拠点として機能します。

“ 時代とハートを動かす ” セイコー。銀座4拠点体制となり、街が持つ魅力と相乗効果を生みながら、さらに世界中にファンを拡大させていくのではないでしょうか。この機会にセイコーの“おもてなしの場”を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

●セイコードリームスクエア概要
・所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座 4-4-10
・開店日:2018 年 12 月 20 日(木)
・営業時間:10:30~19:00
・休業日:無休(年末年始 2018年12月31日~2019年1月2日を除く)
・フロア構成:185 m²/1階 セイコーサテライトミュージアム、2階 プロスペックス、 3階 ルキア・プレザージュ、4階 アストロン
・言語対応:日本語、英語、中国語(北京語)
・URL:https://dreamsquare.seikowatches.com/jp-ja
・特典:セイコードリームスクエアで時計を購入すると、オリジナルの風呂敷、 もしくは手拭いで特別な包装をしてもらえます。

TAG