宇宙飛行士の腕時計を製作してきた「フォルティス」の新作ウオッチ!――「フリーガープロ JP」「ブラックアウト 2」

スイスの老舗時計メーカーのひとつ「フォルティス」。世界で初めて自動巻腕時計の商品化に成功したことで知られ、世界有数の飛行部隊や宇宙飛行士の腕時計を製作してきたブランドでもあります。そんな「フォルティス」の新作ウオッチをご紹介!

オールブラック仕様の限定モデルの第2弾!

ブラックアウト 2 15万1200円(日本限定50本)/サイズ径41mm、10気圧防水

フォルティス初の日本限定モデルとして2006年に誕生し、好評を博した「ブラックアウト」。その第2弾が登場。その名も「ブラックアウト2」。フォルティスの最新型フリーガーケースを採用し、第1弾モデルと同様に、オールブラックのデザインがスタイリッシュな印象です。

ブラックPVDを施したケースに組み合わせたダイヤルはブラックマット仕上げで、アプライドインデックスもブラック。暗所での視認性を確保するため、時・分針と秒針、ダイヤルの12時位置のマーカーにはスーパールミノバ仕上げが施されています。オールブラックのデザインを追求しながらも、あえてこのスーパールミノバをホワイトにしたのは、日中の瞬時の視認性を確かなものにするためで、世界有数の飛行部隊や宇宙飛行士の腕時計を製作してきたフォルティスならではのこだわりです。

モデル名の「ブラックアウト」は、宇宙から帰還する宇宙船が大気圏突入時に、一時的に地上との交信が途絶えることを意味する言葉で、宇宙との関わりが深いフォルティスらしい命名と言えます。 日本のみ50本限定のモデル。フォルティス旗艦店『フロント・ライン・ベース』にて販売中です。

 

日本限定仕様のパイロットウオッチ

フリーガープロ JP 10万5840円/サイズ径41mm、10気圧防水

30年近くにわたり人気を集めてきた「フリーガークラシック」シリーズ。その後継機として、2016年に刷新されたフォルティス「フリーガープロ」シリーズの日本限定仕様のパイロットウォッチが登場しました。

このモデルは、基本仕様はベースモデルの「フリーガープロ」と同様。ETA2836-2を搭載した直径41mmのコンパクトなケースや、シースルーバック、両面無反射サファイアクリスタル、フォルティスのロゴマークの王冠の部分で象った握りやすいリューズデザインといったフォルティスのDNAを継承しています。

日本限定仕様の最大の特徴は、ダイヤルにあります。剣形の針や、時・分針とインデックスに施したスーパールミノバのグリーンの配色。初代フリーガークラシックの長く愛され続けてきたデザイン要素を取り入れることで、新作でありながら“フォルティスらしい”伝統的な航空スタイルとなっています。

何よりも時間の読み取りを重視し、日付表示はあえて搭載していません。限りなくシンプルで、次の100年に向けた、“定番中の定番”と言えるモデルです。こちらもフォルティス旗艦店『フロント・ライン・ベース』にて販売中です。

どちらもリーズナブルでありながら、こだわりの詰まった1本。ぜひ実物もチェックしてみてください!

TAG