文字盤にブランド初の漆芸を採用! グランドセイコーならではのエレガンスを追求した1本

国産腕時計の代表格「グランドセイコー」は、小秒針とパワーリザーブ表示を備えた新キャリバー 9S63を搭載したシリーズを3月8日(金)より国内・海外で順次発売。そのなかから、文字盤に伝統工芸である漆芸をブランドとして初めて採用した、限定モデルをご紹介します!

文字盤に希少な国産漆を用いたエレガンスな1本

SBGK002 345万6000円(世界限定150本)/文字盤 透漆(岩手山パターン)、18K ピンクゴールド

新キャリバー 9S63は、グランドセイコーの手巻機械式ムーブメントとしては8年ぶりに新開発されたものです。そのキャリバーを使用したシリーズが3月から順次発売されます。数量限定モデルのうち2機種には、文字盤に希少な国産漆を用いた「漆塗り」と「高蒔絵(たかまきえ)」を採用。グランドセイコーとしてのエレガンスを追求しています。

SBGK004 345万6000円(世界限定150本)/文字盤 黒漆、18K ピンクゴールド

 

グランドセイコーらしいメリハリと柔らかな質感が調和するケースフォルムは、卓越した研磨職人が生み出す鏡面によって、麗しい輝きを放ちます。デュアルカーブサファイアガラスは、両面から徹底的に磨きこまれることで歪みのないドーム形状を実現。さらにダイヤルも中心がドーム型に盛りあがった形状にすることによって、機械式時計らしい温和で柔らかな表情を生み出しています。

分針とパワーリザーブ表示針は、ダイヤルに沿うように、美しい緩やかなカーブになっています。職人の手によって丁寧に加工が施された針は、ケース、サファイアガラス、ダイヤルのそれぞれの豊かなカーブラインと響きあい、一体感を高めています。

日本の和の魅力を存分に感じられる1本。特別な時計をお探しの方にはぜひ、おすすめです。

 

【こちらもオススメ!】今年、銀座に誕生したグランドセイコー専門店についてはコチラから!

TAG