今年はA.ランゲ&ゾーネのアニバーサリー祭り! 限定モデル第2弾はムーンフェイズにこだわり満載!!

今年のA.ランゲ&ゾーネは、復興後のファーストコレクション発表から四半世紀という大きな節目を迎えます。これを記念して、1月のスイス・ジュネーブで行われたSIHHではランゲ1“25thアニバーサリー”が発表されました。そして、このモデルのお披露目に合わせてブランドから告げられたのが、「10月までの毎月24日にアニバーサリーに関連した新作を発表する」というもの。その予告通り2月24日に発表されたモデルの情報が届きました。果たしてどんなモデルなんでしょうか?

 

25周年アニバーサリーエディションの第2弾はムーンフェイズが主役!

「グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ“ 25thアニバーサリー”」513万円(税抜)/Ref.139.066 /世界限定25本/4月以降発売予定
手巻き(Cal.L095.3)、18Kホワイトゴールドケース、直径41mm/厚さ9.4mm、アリゲーターストラップ

初代ランゲ1がデビューを飾った1994年10月から25周年を記念して、10月まで連続発表される限定モデル。その第2弾は、「グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ」でした。ランゲ1のファミリーから発表されることは決まっているようですが、早くも本命が登場した感があります。

このアニバーサリーエディションは、シルバーカラーのダイアルにブルーでプリントされた数字とインデックス、「25」を示すアウトサイズデイトのモチーフを手彫りで描き、その彫り線をブルーでコーティングしたテンプ受けという、第1弾にも見られた特徴を有しています。となれば、第2弾で注目すべきはムーンフェイズでしょう。

実際に、ホワイトゴールド製のムーンディスクにはブランドとして初めてハンドエングレービングを施したそう。星空に見立てた盤面に輝く6つの星と無数の小さな点は、職人がひとつひとつ手彫りしているわけです。グランド・ランゲ1・ムーンフェイズのサイズなので、特別な仕上げの数々をしっかり楽しめるのも嬉しいところですね。

搭載するのは、誤差122.6年間で1日分の誤差しか生じない高精度ムーンフェイズ表示機構を備えたCal.L095.3。特徴的な4分の3プレートには洋銀の特性を生かしたグラスヒュッテストライプを刻み、限定仕様のテンプ受けを採用。それに支持されるチラネジテンプには、自社開発・製造のひげゼンマイが取り付けられています。

さて、ランゲ1ファミリーで、かつクラシックモデルから発表されることが予告されている今年のA.ランゲ&ゾーネのアニバーサリー祭り。第3弾、第4弾…と発表される続報も気になるところですが、いずれも限定25本と超希少。“欲しい”と思ったモデルが出たらすぐにブランドや最寄り店舗に問い合わせないと、世界中にいる熱心なA.ランゲ&ゾーネ愛好家の遅れをとることになりますよ。

 

TAG