【SIHH2019新作 パネライ】新作はサブマーシブルのみという決断は、まさにサプライズ!(PANERAI)

ジュネーブで開かれる時計の祭典「SIHH」。本年の出展者数は過去最大の35ブランド。2019年は独立シリーズとなったサブマーシブルが主役となった「パネライ」の新作をご紹介します!

新作の内容以上に気になるパネライの今後の動向

サブマーシブル マイク・ホーン エディション-47㎜ 247万3200円(予価)(11月発売予定)/Ref.Ref.PAM00984
冒険家マイク・ホーンの名が付く本機は、徹底して自然環境に配慮。役目を終えた航空機などか らリサイクルした「エコ・チタン」を外装素材に使い、ストラップも再生PET素材を採用。自動巻き。直径47㎜。30気圧防水

昨年にロジェ・デュブイから パネライのCEOに就任したジャンマルク・ポントルエ氏の手 腕が試されたパネライ。新作がサブマーシブルのみという決断 は、まさにサプライズでした。

これまでのルミノールグルー プから単独シリーズとなることが決まったサブマーシブルは、 新作でイメージを一新。エジツィアーノに由来する逆回転防止ベゼルには、様々な表現がもたらされました。しかも、マイク・ホーンやギョーム・ネリーといった、それらのシグネチャーモデ ルには、ごく限られた本数のみ製造されるスペシャルピースを用意。幸運にも購入できた人には、それぞれの時計にちなんで北極探検や潜水体験、イタリア海軍特別入隊などを盛り込んだツアーを提供するそうです。

さらなる驚きは、これまでの クラシックヨットチャレンジを 取りやめる一方で、プラダとピレリという2社がメインとなるチーム「ルナロッサ」と手を結んだことです。時計製造の枠を飛び越えて精力的に動き始めたパネライの動向に今後も目が離せなません!

  1. 1
  2. 2
View All
TAG