【プレバーゼル2019 ブルガリ】過去と現在をつなぐアイコンモデルの強化に注力(BVLGARI)

世界最大規模の時計と宝飾品の見本市「バーゼルワールド」が、3月21日(木)から開催。今年はどんな新作が発表されるのでしょうか。すでに編集部一同、胸を高鳴らせています。その本番を前に、先行公開された各ブランドの新作たちをご紹介します!【ブルガリ編】

過去と現在をつなぐアイコンモデルの強化に力を入れた「ブルガリ」

ジェラルド ジェンタ 50周年
アリーナ バイ レトロ 696万6000円(4月発売予定)/Ref.103191

いち早く時計市場に本格参入したラグジュアリーメゾンである「ブルガリ」は、巨大な時計工房やグループ化による垂直マ ニュファクチュールを完成。そして時計業界の大物CEOの招聘を経て、時計ブランドとしての地位を確固たるものとしました。

さらに「オクト」を主力に据え、 デザインコードを共通しつつ、 シンプルからラグジュアリー、 そしてハイコンプリケーションへと幅を広げ、ブランドの顔へと育て上げることに成功しました。 しかしその一方で、過去にも敬意を払います。2000年に傘下に収めた「ジェラルド・ジェンタ」のアイコンモデルを復活さ せることで先達への敬意を表し、 ブルガリウオッチの歴史の厚みを語るのでした。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG