【SIHH2019新作 ユリス・ナルダン】クラシックの殻を破る衝撃の「X」コンセプト(ULYSSE NARDIN)

新章に突入した「ユリス・ナルダン」2019年の新作

レントゲン写真を彷彿とさせるイメージビジュアルをブースに散りばめ、来場者の度肝を抜いたユリス・ナルダン。同社の2019年のテーマは「X」。 これを「フリーク」と「スケルトン」に適合し、ブランドの持つ先進性を強く世界へ発信しました。

Xploration(探索)、Xtraordinary(格別)、Xtreme(極限)など、ユリス・ナルダンが様々な意味を込めた「X」。 それらを総合的に表現した次世代型の新作によって、古豪は新章に突入したのです。

フリーク X 262万4400円(予価)(6月発売予定)/Ref.2303-270/03

分針の後端に備えられたフライング カルーセルを特徴とする、新型の自社製Cal.UN-230を搭載。トップエンドの複雑時計「フリーク」の動きを、 トゥールビヨンを除いた姿で表現しています。半分以下に抑えられた価格も大きな魅力です。自動巻き。Tiケース。 直径43㎜。5気圧防水。

 

スケルトン X 262万4400円(予価)(6月発売予定)/Ref.3715-260-CARB

1、5、7、11のインデックスがかたどる「X」型のブリッジを持つスケルトン仕様の手巻きCal.UN-371を搭載。最新の航空機にも使用されている超軽量かつ高耐久素材のカーボニウムにゴールドを融合したユニークな素材をケースに採用し、先進性を強調しました。直径43㎜。5気圧防水。

 

【こちらもオススメ!】SIHH2019関連の記事はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ