83年の歴史を有するIWCの「パイロット・ウォッチ」が大胆モデルチェンジ!

83年の歴史を有するIWCのパイロット・ウオッチが大胆にモデルチェンジ。同じ1936年に処女飛行を行い、当時の世界最速を誇った美しき戦闘機「スピットファイア」に敬意を表した同名コレクションとともに、その歴史を振り返ります。

76年前のスピットファイア が現代の大空を飛ぶ奇跡!

航空航法を支援する技術が未熟で、空を飛ぶことがまだ危険な行為だった1936年、I WCが開発した最初の航空時計は世界のパイロットから、飛行の必需品として歓迎されました。 55㎜径に懐中時計用のムーブメントを搭載した1940年初出の「ビッグ・パイロット・ウォッチ」を 経て、1948年には不朽の名作「マーク11」が完成しました。

ビッグ・パイロット・ウォッチ(1940年)
1936年にIWCが製作した最初の航空時計に続き、1940年には軍用基準に適合した「ビ
ッグ・パイロット・ウォッチ52T.S.C」を開発。両機ともすでに耐磁性を備えていた
マーク11(1948年)
IWC初の軟鉄製インナーケースを装備して 耐磁性を高めたマーク11は、1948年~1961 年に英国空軍に制式採用。そのため文字盤 12時位置にブロードアローが記される

一般市場向けに「マーク11」復活を試みたのが、1994年の「マ ークⅩⅡ」です。マークシリー ズはその後も大ヒットを続け、 現行の「マークⅩⅧ」まで世代を重ねるロングセラーとなりました。

一方、派生モデルも多岐に渡りました。1936年に処女飛行を行い、当時の世界最速を誇った美しき戦闘機に敬意を表して、2003年にスピットファイアが鮮烈にデビューした他、米海軍エリートパイロット養成学校の通称名を冠したトップガンなど、多彩なモデルが人気を博し、パイロット・ウォッチ・シリー ズはIWCの一大コレクションに成長。そして2019年、SIHH新作の主役を張ったのです。

SIHH2019で発表された新作「パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア」 57万2400円/Ref.IW326801(4月発売予定)

今年、IWCは時計以外に世界から注目されている大プロジェクトがあります。1943年製スピットファイアMJ271をレストアして世界一周飛行する「シルバースピットファイア・ザ・ ロンゲスト・フライト」です。 今夏にロンドンを飛び立ち、 カナダ、アメリカ、ロシア、日 本、東南アジア、インド、中東を経由してイギリスに戻る計画 で、スピットファイアの歴代最長飛行となる4万3000㎞以上の旅程となります。

数か月かけて約30か国を訪れる遠征の発案者は、世界初のスピットファイア飛行学校として知られる英国の「ボールトビー・フライト・アカデミー」の創始者2人。彼らの大いなる夢に共感したIWCは、 すぐにメインスポンサーになることを決めました。

航空分野に対するIWCの情熱は、限りなく大空へと広がっているのです。

 

画像ギャラリー

 

【あなたにオススメ!】IWC関連の記事はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ