ゴールドより希少なレアメタルを使ったオメガの定番ダイバーズ「シーマスター ダイバー300M」限定モデルが発売開始!

誕生25周年を迎えてフルリニューアルされた大定番ダイバーズウオッチ「シーマスター ダイバー300M」から、タンタリウムをケースに使った限定モデルの発売が始まりました! 1993年の初代モデルにも使われたレアメタルとオメガの最新テクノロジーから生まれたセドナゴールドを組み合わせたベゼルにご注目あれ!!

 

ゴールドよりも希少性の高い限定ならではの特別素材「タンタリウム」

世界限定2500本で展開される「シーマスター ダイバー300M チタン タンタリウム」は、ベゼルのベースにタンタリウムが採用されています。この素材は、スチールよりも硬く、腐食に強いというダイバーズウオッチに相応しい性質を持ちながら、ゴールドよりも希少で取り扱いが難しいため、時計業界で使われることはほとんどありません。その困難な素材をオメガがあえて用いたのは、1993年の初代シーマスター ダイバー300mにタンタリウムが使われていたから。25年の時を経て、このレアメタルを再び世に送り出すことは、誕生25周年を迎えた名作へのなによりのオマージュといえるでしょう。

タンタリウム特有の光沢のあるブルーグレーのベゼル上には、オメガ独自の18Kセドナ™ゴールドのリングをセット。浮き彫り状に配置されたダイビングスケールが個性を主張します。ミドルケースは軽量かつ堅牢なグレード2のチタン製で、これに合わせて文字盤もチタンとなっています(文字盤はグレード5)。グレーの盤面に施された特徴的な波模様が、レーザー加工によって波の部分が盛り上がるようなエングレーブになっているのも、限定モデルならではの仕様となっています。

ブレスレットも手が込んでおり、チタンをベースにしながら中ゴマにタンタリウムを採用。セドナ™ゴールドも組み合わせてエレガントなスポーツスタイルを作り上げています。ちなみにセドナ™ゴールドは、インデックスや針、リューズ、ヘリウムエスケープバルブ(10時側面)にも使われています。

裏を返すとシースルーバック越しに自社製Cal.8806の動きが鑑賞できます。このムーブメントは、精度、機能、耐磁性において業界最高水準を証明するスイス連邦計量・人程局(METAS)認定のマスター クロノメーター取得のハイスペック機です。サファイアガラス周囲のチタンバックにはエングレーブされた文字とシーホースのシンボルをデザイン。これらは、独自のナイアードロックシステムによって確実に正位置で固定されるため、文字が斜めの状態で締め止まることはありません。

オメガ「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター チタン タンタリウム リミテッドエディション」139万円(税抜)Ref.210.60.42.20.99.001 自動巻き(Cal.8806/毎時2万5200振動/55時間パワーリザーブ/35石)、チタンケース(タンタリウム+セドナゴールドベゼル)、直径42mm/厚さ13.56mm、300m防水、5年間の国際保証付き、世界限定2500本
ケースバックをイメージした付属の特別ボックス

2500本の限定製造ですが、業界最高水準のハイスペックモデルで、しかも超希少素材まで入手できてしまう「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター チタン タンタリウム リミテッドエディション」。特別ボックスはもちろん、ケースサイドにはセドナ™ゴールドのプレートに限定番号まで刻印されたスペシャル感満載の本機は、時計好きでなくとも一見の価値あり、です。

【画像ギャラリー】

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ