2019年の新作一挙紹介! ロレックス編――バーゼルワールド2019

2019年のロレックスの新作、あなたのお気に入りは?

 

新作はすべて高精度クロノメーター認定の新世代キャリバー

完全自社開発・製造の新世代ムーブメントへの移行が進む「ロレックス」。GMTマスターⅡの青黒ベゼルやデイトジャスト36といった既存モデルのリニューアルだけでなく、42㎜径のヨットマスターⅡやシードゥエラーのコンビなど新バリエーション誕生時に採用されるのも新世代キャリバーです。これらは国際保証が5年間、パワーリザーブは約70時間が標準であり、実用性と信頼性も向上しています。

オイスター パーペチュアル GMTマスターⅡ Ref.126710BLNR 95万400円(予価)(今春発売予定)
昨年発表された赤×青ベゼルに続いて、青×黒ベゼル仕様も最新Cal.3285が搭載され、ジュビリーブレスを合わせた新作が登場。セラミック製インサートの目盛りはPVD加工により、プラチナでコーティングされている

 

オイスター パーペチュアル デイデイト 36

 Ref.128238 356万4000円(予価)(今夏発売予定)
新世代ムーブメントCal.3255搭載モデル。グラデーションダイアルの6&9時インデックスにバゲットカットダイヤを配し、デイデイト専用のプレジデントブレスを組み合わせた

 

オイスター パーペチュアル デイトジャスト 36

 Ref.126234 84万2400円(予価)(今春発売予定)
ケースサイドとラグのデザインが一新され、新世代ムーブメントCal.3235を搭載したデイトジャスト 36のニューモデル。ジュビリーブレスと18KWG製ベゼルが好相性

 

オイスター パーペチュアル ヨットマスター 42

Ref.226659 286万2000円(予価)(今春発売予定)
従来の37㎜・40㎜に加え、新サイズの42㎜径が登場。18KWGケースの採用もシリーズ初だ。マットブラックのセラミックベゼルを備え、ムーブメントに新世代Cal.3235を搭載

 

オイスター パーペチュアル シードゥエラー

Ref.126603 165万2400円(予価)(今春発売予定)
シリーズ初のコンビケースに、高精度クロノメーターの新世代Cal.3235を搭載。SSと違って文字盤のモデル名はYGカラー、ブレスには、グライドロックエクステンションシステムを採用

ロレックスの2019年の新作 画像ギャラリー

 

【あなたにオススメ!】ロレックスの歴史についてはコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ