存在感抜群の“青サブ”! ボール ウォッチの新作「エンジニア ハイドロカーボン サブマリン ウォーフェア」

ボール ウォッチのフラッグシップ・コレクションである「エンジニア ハイドロカーボン」より6月から全国の正規販売店で新作が販売開始! 鮮やかなブ ルーのベゼルトップが異なる雰囲気を放つ3針式の“青サブ”は、存在感抜群です!

 

爽やかなブルーのベゼルトップが夏らしさを演出

エンジニア ハイドロカーボン サブマリン ウォーフェア DM2276A-S3CJ-BK 28万6200円
直径 42mm、厚さ 16.5mm、チタンケース、逆回転防止機能付ブルーPVD トップベゼル、300m防水、自動巻(BALL キャリバーRR1102-C)

「エンジニア ハイドロカーボン サブマリン ウォーフェア」は、ボール ウォッチが昨年発表したダイバーズライン。3針モデルとクロノグラフが存在し、それぞれの逆回転防止ベゼルは“SV”と呼ばれるステンレススチールタイプと“黒サブ”と呼ばれるセラミックタイプがラインナップしています。

そこに今回、鮮やかなブルーのベゼルトップが異なる雰囲気を放つ3針式の“青サブ”が加わりました。腕元を見せるシーンが増えるこれからのシーズンにぴったりなブルーベゼルは、ステンレススティールにPVDコーティングを施した特殊仕様で、カジュアルなカラーリングを実現するとともに、表面硬度を上げて小傷が付きにくい特性を持っています。

モデル名の「サブマリン ウォーフェア」とは、“潜水艦戦”を意味し、極度の水圧がかかる深海の過酷を環境をイメージしたものです。そのため、堅牢かつサビに強いチタニウムケース、300m防水、高硬度なサファイアガラス、ミューメタル製インナーケースを使った 80,000A/mの高耐磁性 など、プロの潜水士が理想とするダイバーズスペックをフルに満たしています。

また、ボール ウォッチの オリジナリティである機械式時計としてクラス最高の耐衝撃性や自発光マイクロ・ガスライトも搭載。本格派ダイバーズにして、存在感のあるブルーPVD ベゼルトップを備えた異色モデルは、今年の夏の“相棒”にぴったりの1本と言えそうです。

 

問:ボール ウォッチ・ジャパン TEL.03-3221-7807

 

【あなたにオススメ!】神秘的な月の満ち欠けが幻想的! ボール ウォッチの「ムーンナビゲーター」はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ