2019年の新作一挙紹介! ブルガリ編――バーゼルワールド2019

2019年のブルガリの新作、あなたのお気に入りは?

 

5度目の世界記録が証明するオクトの圧倒的ポテンシャル

オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック Ref.103068 207万3600円 7月発売予定
現存する自動巻きクロノグラフで最薄となる6.9㎜厚。しかも9時位置のボタンで現地時間を操作できるGMT機能付き。ホームタイムは3時位置のサブカウンターで24時間表示する。外装のチタンはサンドブラスト仕上げ。直径42mm。3気圧防水。自動巻き
プラチナ製マイクロローターを搭載した自社製キャリバー318は、わずか3.3㎜厚。37.2㎜径の中に318個のパーツを組み込む

2014年の世界最薄トゥールビヨンを皮切りに、2016年の世界最薄ミニッツリピーター、2017年世界最薄自動巻きムーブメント、2018年世界最薄自動巻きトゥールビヨンと続き、今年は世界最薄自動巻きクロ ノグラフを発表。一方、ジェラルドジェンタのアイコン復活で、先達への敬意も示しました。エッジィなイタリアンデザインとスイスのクラフトマンシップを融合させ、5度目のワールドレコードを達成したブルガリに、もはや限界はありません。

ブルガリの新作ギャラリーはコチラから!

 

オクト フィニッシモ スケルトン

Ref.103126 292万6800円 9月発売予定
多面カットの美麗ケースとブレスをセラミックで製作し、サンドブラスト加工。極めて軽快な装着感を実現した。オープンワークダイアルからは美しく肉抜きしたメカニズムが鑑賞できる。直径40mm。3防水気圧。自動巻き

 

オクト ローマ

Ref.103083 87万4800円
シーンを問わず使い勝手の良いオクト ローマに、エレガントなコンビモデルが登場。インデックスも18KPGとしつつ、あえてブレスは単一素材にすることで、シックな雰囲気にまとめた。直径41mm。5気圧防水。自動巻き

 

オクト フィニッシモ

Ref.103077 184万6000円 9月発売予定
ケースとブレスはもちろん、ベゼルもダイアルもリューズもバックルも、すべてサンドブラスト加工のセラミックで製作。インデックスと針も黒だが、視認性は確保されている。直径40mm。3気圧防水。自動巻き

 

オクト オリジナーレ クロノグラフ

Ref.103075 139万3200円
ブラックDLC処理を施すことでスポーティなルックスに仕上げたオリジナーレ クロノグラフ。セラミックベゼルの下にピンクゴールドを挟み込むことで、艶っぽさも効かせた。直径41.5mm。100m防水。自動巻き

 

オクト オリジナーレ ソロテンポ

Ref.103085 101万5200円
多面カットケースにDLC加工を施して力強さを引き出した新ライン=オクト オリジナーレの3針仕様。ラグジュアリーブランドらしいピンクゴールドのチラ見せデザインが洒脱。直径41.5mm。100m防水。自動巻き

 

ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ 50周年記念モデル

Ref.103191 696万6000円
ジェラルド・ジェンタの活動50周年を記念し、2000年に傘下に収めたブルガリが再デザイン。センターの分、6時位置のデイトというダブルレトログラード針がユニークだ。直径41mm。100m防水。自動巻き

 

問:ブルガリ ジャパン TEL.03-6362-0100
https://www.bulgari.com/ja-jp/

 

【あなたにオススメ!】東京の街に似合う1本「ブルガリのオクト フィニッシモ スケルトン」はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ