伝統的でありながら漂うモダニズム!「ヘリテージ・トゥールビヨン ファンキーブルー」(H. モーザー)

「ヘリテージ」とは、 H. モーザーにとって「古くさい」とは異なる意味を持ちます。新しい「ヘリテージ・トゥールビヨン ファンキーブルー」においてもそれは同様で、伝統とモダンさが融合したモデルに仕上がっています。

 

20世紀初期のモーザーの時計を思わせる“クラシック”とモダンの融合

ヘリテージ・トゥールビヨン ファンキーブルー Ref.8804-1200/直径42.0mm、ステンレススチール、自動巻き

「ヘリテージ・トゥールビヨン ファンキーブルー」は、20世紀初期のモーザーの時計を思わせるクラシックなアクセントがあしらわれています。

ステンレススチールケースは先細のラグと刻みのあるリュウズを装備。しかしクラシックなこのモデルには、大胆な美しさが隠されています。その秘密はダイアルにあります。これは最も人気のあるモーザーダイアルで、時計全体のデザインにダイナミックな趣を添えています。伝統的なスタイルの線路型の分目盛りはホワイト、非常に現代的なコントラストを生み、剣形の針にはスーパールミノバ®が施されています。

独特のアプライド数字には、どの形状と色にも加工できる画期的な素材、グロボライト®が使用されています。さらに伝統的な形式から離れるよう、未加工レザーのストラップには、このモデルの最後の仕上げとして、ホワイトのステッチが施されています。

H.モーザー社はこのモデルについて、次のように語っています。
「このトゥールビヨンに退屈することは絶対にありません。この高級時計モデルの原型は、1900年代のいわゆるスポーツウォッチです。これは、伝統的なスチールケースモデルですが、他のモデルとはっきりとは区別されず、一言で言い表すこともできません。現状を打破していながら、時代に左右されない時計です」

ミニッツ・トゥールビヨンの背後に見える自動巻きキャリバー HMC 804は、H.モーザー社が一貫して設計、開発、製造を手掛けるムーブメント。3日間のパワーリザーブを備えたこのムーブメントを動かすローターは、両方向ラチェット式巻き上げシステムでバレルにエネルギーを 伝達するため、完全な巻き上げに必要な時間が短縮されます。このローターは、その下にあるメカニズムが見えるようにスケルトン加工されています。

細部にまで、こだわりの詰まった本モデルは、疑う余地のない H. モーザー社スタイルの高級時計です。

 

問:イースト・ジャパン TEL.03-6274-6120
https://www.h-moser.com/jp/

 

【あなたにオススメ!】H.モーザー2019年の新作はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ