歴史に翻弄された幻の時計が刻む、新たな時間――ファーブル・ルーバ「レイダー・シースカイ」

20世紀半ば、ファーブル・ルーバの「シースカイ」は、歴史に翻弄され、幻の存在となってしまいました。しかし2016年、「レイダー・シースカイ」として生まれ変わり、現在ではブランドを代表するモデルとなりました。今回、ニューカラーの「イエロー」と「オレンジ」が7月10日(水)より全国発売されます!

 

コントラストが映し出すのは「レトロフューチャー」!

レイダー・シースカイ イエロー スペック 42万5900円
直径44mm、ステンレススティールケース、200m防水、ラバーストラップ、自動巻き

ファーブル・ルーバの人気モデル「レイダー・シースカイ」。今回ニューカラーとして、イエロー文字盤とオレンジ文字盤が加わります。どちらもブラックのインダイヤルが、クールでスタイリッシュな印象を演出しています。

これは現行モデルのデザインに影響を与えたセカンドモデルが発売された1970年代によく使われていたカラーリングを、現代にリファインしたもの。スポーティーなフォルムの上で織りなす「鮮やかな色彩」と「ブラックのインダイヤル」のコントラストが映し出すのは、20世紀半ばに人々が描いた未来像「レトロフューチャー」です。

 

1970年代に発表されたモデルのデザインとスペックを継承

レイダー・シースカイ オレンジ スペック 42万5900円
直径44mm、ステンレススティールケース、200m防水、ラバーストラップ、自動巻き

「レイダー・シースカイ」は、ファーブル・ルーバの歴史を継承する代表モデルのひとつであり、高い防水性とクロノグラフを両立した「プロフェッショナルのための実用計器」です。デザインとスペックは、1970年代に発表された「シースカイ セカンドモデル」を継承。優れた視認性を発揮する「大きなインデックスと独特の形状の長短針」や曲線とのコントラストが美しい「14角形の風防リング」、さらに堅牢さの象徴である「クッションケース」を備えています。さらにそのディテールは、現代の技術によって洗練されたものとなっています。

つまり「レイダー・シースカイ」は、スイスにて1737年以来、脈々と連なる“ファーブル・ルーバの歴史”を体現した時計なのです。

 

「レイダー・シースカイ」のニューカラーの画像ギャラリーはこちら!

 

レイダー・シースカイの歴史

1969年に「シースカイ ファーストモデル」が登場。現行モデルのデザインに影響を与えた「シースカイ セカンドモデル」は1970年代に登場。ファーストモデルは1969年以降、ごく僅かの時期しか生産されませんでした。近年のオークションにおける「バルジュー72」(ムーブメント)の人気により、アンティーク時計市場において、「シースカイ ファーストモデル」は幻のモデルとなりました。

シースカイ ファーストモデル

 

問:ファーブル・ルーバ日本総代理店 スイスプライムブランズ TEL.03-4360-8669
https://favre-leuba.com/jp/

 

【あなたにオススメ!】1950年代のモデルが原点!ファーブル・ルーバの2019年の新作はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ