ウオッチナビ編集部が語る「本当にあった時計選び運命の二択体験談」――G-SHOCK

ウオッチナビ編集部員が語る「本当にあった時計選び運命の二択体験談」。何が決め手になったのか、その結末をご覧あれ!

 

角型G-SHOCKか、G-STEELか:WATCHNAVI編集部・水藤大輔

35 周年記念モデル第1弾「ビッグバンブラック」(生産終了)/左からGA-135A-1AJR、GG-1035A-1AJR、GW-5035A-1JR、GA-735A-1AJR、GA-835A-1AJR

WATCHNAVI編集部・水藤大輔:「私は2017年の秋頃にG-SHOCKから出ていたG-STEELのフルアナログを買おうとしていました。

が、ちょうどその頃に35周年記念モデルの第1弾が登場。限定5作のなかだったら、やはりスクエアの5000系かな、とすっかり限定に心移りしてました。ただ、行く店行く店で完売続出のためなかなか入手できず。『もうG-STEELでいいか』な、と半分妥協的な気分になった矢先、新宿にオープンした専門店に、求めていたGW-5035Aが。

しかもオープン当日のイベントとして来店していたG-SHOCK“生みの親”伊部さんのサインまで! 購入から1年半以上経ちましたが、手に入れた時の思い出も込みでとても気に入っています!」

 

【あなたにオススメ!】レジェンド5大メゾン 俺の一択はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ