初めてフライングトゥールビヨンを手掛けたオーデマ ピゲが示す「未来のデザイン」

今年のオーデマ ピゲの取材時にもっとも驚いたのは、この複雑機構の名手にフライングトゥールビヨンウオッチがなかったことでした。1986年に世界初のトゥールビヨン搭載腕時計を手掛けながら、なぜいままで作られなかったのでしょうか?

 

レディスウオッチ開発が新機構誕生のきっかけに

オーデマ ピゲ ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT Ref.26589IO.OO.D002CA.01
左側のフライングトゥールビヨンと、右側の第2時間帯表示のシンメトリーデザインがユニークな2019年最新作

「フライングトゥールビヨンの開発は、ロイヤル オーク コンセプト初のレディスウオッチを念頭に置いたものでした。この記念すべき時計のデザインには、トゥールビヨンのブリッジという制約を取り払う必要があったのです」(オーデマ ピゲ グローバルブランドアンバサダー クローディオ・カヴァリエール氏)

これまではトゥールビヨンのキャリッジをブリッジで支える構造があれば、オーデマ ピゲのあらゆるデザインが成立していたわけです。

「トゥールビヨンは、ミニッツリピーターなどと比べれば組み立てられる時計師は多いです。が、それは“簡単”ということではありません。新たな機構の開発は、つねに膨大な労力が伴うもの。オーデマ ピゲの品質を担保するなら、なおさらです」

1875年からの歴史に新たな時計表現を加えた、オーデマ ピゲ渾身の複雑時計。大量生産とはかけ離れた、職人の手によってのみ生み出される至高の逸品は、時計コレクターの心を掴む魅力にあふれている。

あらゆる歴代モデルを熟知するオーデマ ピゲのグローバルブランドアンバサダー、クローディオ・カヴァリエール氏

 

問:オーデマ ピゲ ジャパン TEL.03-6830-0000
https://www.audemarspiguet.com/ja/

 

【あなたにオススメ!】2019年オーデマ ピゲ新作レビュー / 久しぶりの新シリーズで世界を席巻はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ