感性をカタチにしたウオッチ「セイコー 5スポーツ」

セイコーはこの度、カジュアルウオッチブランド「セイコー 5スポーツ」をリローンチします! デビューを飾る全15機種は、9月7日(土)より国内のショップ、および海外でも発売開始です。

 

新生「セイコー 5スポーツ」が掲げるキーワードは、“Show Your Style”

「セイコー 5スポーツ」は、グローバル市場に向けて展開する日本製のメカニカルムーブメントを搭載したカジュアルウオッチブランドです。

そのルーツは、1963年に発売した「セイコー スポーツマチック5」(通称:セイコーファイブ)にあります。当時、国産初の自動巻きデイデイトモデルとして発表されたセイコーファイブは、その名の通り5つの先進的な機能(自動巻き、防水、3時位置のデイデイト表示、4時位置リューズ、耐久性に優れたケース・バンド)を備えており、これまで主流だったレザーストラップを用いたドレスウオッチと一線を画した、アクティブシーンにマッチするコストパフォーマンスに優れるコレクションとして、世界的な人気を獲得しました。

それから5年後、1968年に加速するスポーツブームに応えるべく「セイコー 5スポーツ」が誕生。セイコーファイブを上回る防水性能、夜光塗料による暗所での視認性の確保、強化ガラスの採用など、スペック面で進化を果たすだけでなく、前衛的なビビットカラーをアクセントとしたスポーティなデザインで、多くの若者に受け入れられ、一世を風靡したのでした。その後も、国産初の自動巻きクロノグラフを発売するなど、機能とデザインの両面で独自の進化を遂げ、半世紀に渡って、世界中の人々に親しまれてきたのです。

それからおよそ半世紀。現在、腕時計は時を知らせること以上に、自己表現の手段へと移り変わっています。そこに「セイコー 5スポーツ」がリローンチされる必然性のようなものがありました。それは、腕時計という文化を次の世代に継承する役割りともいえるでしょう。

新生「セイコー 5スポーツ」が掲げるキーワードは、“Show Your Style”。多様な感性や価値観が飛び交う現代を象徴する“5つのスタイル”をデザインコンセプトに、5つのコレクションを展開します。それぞれ異なるコンセプトを持つものの、ケースやダイヤルのデザインは、たった1つのモデルをベースとしています。

(左上)Sports Style、(右上)Specialist Style、(左下)Suits Style、(右下)Street Style
ほかに日本市場では、デビュー時に対象ではないSense Styleの計5つのシリーズを展開予定。全モデル共通でケースサイズは直径42.5mm、10気圧防水、そして自動巻きムーブメントを備える

価格帯は3万円~3万8000円(税別)とリーズナブルで、手に取りやすい点も魅力のひとつといえるでしょう。また、リローンチにあたってロゴデザインを刷新。これまでセイコーファイブのシンボルであったワッペンのモチーフを継ぎつつ、数字の「5」、あるいはStyleやSportsの頭文字である「S」、そのいずれにも映るアーバンテイストなロゴへと一新され、ブランドとして新たな一歩を踏み出すことになったのです。

 

フォトギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみご覧になれます)

 

問:セイコーウオッチお客様相談室 TEL.0120-061-012
https://www.seiko5sports.com/ja/

 

【関連記事】セイコーを、そして日本時計界の礎を築いた「東洋の時計王」――服部金太郎

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ