令和最初の仮面ライダーの主人公がスイス製ダイバーズウオッチを着用中

9月1日からテレビ朝日系列で毎週日曜9:00-9:30に放送されている、令和初の仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』。その主人公であり、ライダーゼロワンに変身する飛電或人(ひでん あると)が着用しているのは、スイスの時計ブランド、ファーブル・ルーバのダイバーズウオッチ「レイダー・ディープブルー」だとわかった。

レイダー・ディープブルーは、アクティブなスタイルだけでなく都会的なファッションにもマッチする。スーツ×ダイバーズのような現代のニーズにも応える一本

令和初の仮面ライダーとして注目度が高い『仮面ライダーゼロワン』の第3話(9月15日放送)のオープニングより、ライダーゼロワンに変身する主人公・或人がファーブル・ルーバのダイバーズウオッチ「レイダー・ディープブルー」を装着しているシーンが登場した。ファーブル・ルーバの腕時計は、前作『仮面ライダージオウ』に続いての“出演”となる。

ファーブル・ルーバは280年以上の歴史を誇るスイスの時計ブランド。1960年代には世界で初めて腕時計に高度計や水深計を搭載するなど、“実用計器としてのスイス時計”を理念としている。その実用性は現代も受け継がれており、エベレスト登頂(2018年)やフリーダイビングの世界記録樹立(2018年、2019年)などに携行されたことでも、屈強かつ高機能なウオッチメイキングであることを実証している。

そんなファーブル・ルーバを代表するコレクションが、『仮面ライダーゼロワン』の劇中に登場する「レイダー・ディープブルー」。同社が1963年に開発した「ディープブルー」の最新バージョンとして2016年に発表された本機は、1970年代当時に描かれた未来のデザインをリファインしたレトロフューチャーデザインが特徴だ。

↓フォトギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみ表示)

ファーブル・ルーバ「レイダー・ディープブルー」

Ref.00.10106.08.52.31 28万800円/自動巻き。300m防水。ステンレススチールケース。直径41mm。ラバーストラップ

高い視認性を誇る形状の針、大きな四角形のインデックス、クッションケース、14角形の風防リングを特徴とする自動巻きダイバーズウオッチ。秒針の代わりに中央に回転する「秒ディスク」を設置するなど、潜水中に時分針の読み取りを妨げない工夫が凝らされている。青と黒に分けられた潜水時間を計測するための逆回転防止ベゼル、3時位置にデイト表示を備える。『仮面ライダーゼロワン』で主人公・或人が着用する41mm(写真)と44mmの2サイズが展開されている。

 

問:スイスプライムブランズ TEL.03-4360-8669
https://favre-leuba.com/jp/

 

【関連記事】『仮面ライダージオウ』主役の常磐ソウゴが着用――ファーブル・ルーバ「レイダー・シーキング」

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ