ハイコスパを狙うならコレ!ヴィンテージ感で男らしさ際立つ「マルチフォート エスケープ」

流行にとらわれないデザインが人気のスイスブランド・ミドーから新作「マルチフォート エスケープ」が発売されました。デザイン美と実用性を併せ持ちながら税込み価格11万6640円と、ハイコストパフォーマンスを誇ります。

デイリーユースに最適なビッグフェイス

2015年から日本で本格的に展開を始め、知名度も急上昇中のミドー。新作はブランドの代表的なシリーズ「マルチフォート 」の 1940年代モデルからデザイン着想を得ており、同社3針モデルの中では最大となる44mmのステンレススチールケースを採用しています。

mido1
↑「マルチフォート エスケープ」ブラックモデル

独特な風合いが感じられるケースは、サンドブラスト加工されたヴィンテージ風ブラック PVDで加工。ブラックダイアルのモデルは、ジ ュネーヴストライプにオレンジのカラーが配された大きなフェイスと相まって、精悍な男らしさとスポーティーな印象を与えます。その他にも、カーキ、ダークブルーと計3色のカラーバリエーションを展開。

mido2
↑「マルチフォート エスケープ」カーキモデル

 

mido3
↑「マルチフォート エスケープ」ダークブルー

パワーリザーブは最大80時間を実現した自動巻きムーブメント・MIDO Caliber 80を搭載。タフさと視認性の高さ、そして主張しすぎないビジュアルを兼ね備えた本機は、ビジネスマンの強い味方となりそうです。

 

ストラップには、きめが細かく皮革素材の中でも上質なカーフスキンを採用している「マルチフォート エスケープ」。控えめな美しさと信頼性、そして機能性の融合を目指すミドーらしく、細部にまでこだわりが感じられます。今秋には、米国ホーウィン社製のレザー ストラップを採用した「ホーウィンエディション」も発売予定とのことなので、引き続き注目です。

TAG