【BW2018プレビュー】創業100周年を迎えたミドーは節目に相応しい意欲作を連発

世界最大の時計・宝飾見本市「バーゼルワールド2018」が、3月22日からスイス・バーゼルで開催されます。その本開催を前に注目ブランドの新作をプレビュー! 今回取り上げるミドーの新作は、ブランド創業100周年の節目を飾るに相応しいモデルとなっています。

 

アーカイブピースの意匠を現代技術で洗練のスタイルに

1918年、スイス・ソロトゥルンに設立されたミドーは、今年で創業100周年。バーゼルワールド本開催では、例年以上に力の入った新作が出てきそうな予感です。そう思わせてくれたのが、先行発表された新作「マルチフォート デイトメーター」と「コマンダー シェード」です。

 

マルチフォート デイトメーターは、1939年のカタログに登場したモデルで、時計の針で日付を表示する「ポインターデイト」が特徴。かつての王道デザインが直径40mmサイズのローズゴールドカラーPVD加工を施したケースと相まって、非常にクラシックかつエレガントなモダンウオッチに生まれ変わりました。

ミドー「マルチフォート デイトメーター」価格未定/Ref.M036.407.36.031.00
ミドー「マルチフォート デイトメーター」価格未定/Ref.M036.407.36.031.00

 

コマンダー シェードは、1970年代の終わりに誕生したモデルからインスパイアされたスペシャルエディションの2018年版。サンレイ仕上げを施したスモーク調のグラデーション文字盤が美しく、ミラネーゼブレスとともにレトロな雰囲気を醸し出しています。そのイメージをさらに盛り上げるのが、ドーム型アクリルガラスを備えた直径37mmの小ぶりなケース。性別を問わず使いやすそうな一本です。

ミドー「コマンダー シェード」Ref.M8429.4.27.11
ミドー「コマンダー シェード」Ref.M8429.4.27.11

これらの詳細はバーゼルワールドで明らかにされますが、スウォッチグループの中でも良心的な価格展開で知られるミドーですから魅力的なプライスであることは間違いないでしょう。

 

ちなみに、100周年記念モデルの第一弾「コマンダー ビッグデイト」は、すでに発表&発売開始済み。こちらは、発表イベントの模様と合わせ、こちらで取り上げています。

 

ミドー http://www.midowatches.com/

TAG