ブラックセラミックスで彩られた、新しい「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン」

人類初の月周回飛行から50年

文/鈴木裕之

現代的な高耐磁性能を前提にした新たな精度基準「マスター クロノメーター」を標準スペックとする近年のオメガの中で、“ムーンウォッチ”として知られる「スピードマスター プロフェッショナル」だけは、旧来のスペックのまま現在も生産が続けられている。NASAの公式装備品でもある“ムーンウォッチ”は、マスター クロノメーターやオリンピックオフィシャルタイムキーパーと並び、オメガのハイスペックを象徴するような存在だ。

数あるスピードマスター ベースのリミテッド エディションの中でも、アポロ8号関連のモデルはコレクター人気も特に高い。アポロ8号による人類初の月周回飛行から50周年を迎えた今年は、まったく新しいダークサイド オブ ザ ムーンが登場。これまでのモデルと異なるのは、公式装備品であるムーンウォッチをベースとする点だ。

オメガ スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号 104万円/1968年に行われたアポロ8号ミッションの50周年モデル。人類初の月周回飛行にちなみ、ダークサイド オブ ザ ムーン(月の裏側)の愛称が与えられている。直径44.25mm、厚さ13.80mm。48時間パワーリザーブ。50m防水。2018年8月発売予定

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG