高嶺の花に手が届く!? 憧れの“ジュネーブ御三家”の一角【ヴァシュロン・コンスタンタン】の最入門機を徹底レビュー

ラグにオリジナルの意匠を残しながらも現代的な仕上がり

フィフティーシックスの第1弾コレクションは、オートマティック、デイ/デイト、コンプリートカレンダーの3型6リファレンスで登場。ステンレススティールとゴールドの両方を同時に発表するのは、260年以上あるブランドの歴史のなかでも初めてだそうです。

トータルデザインは、1950年代に製造していた自動巻きウオッチ「リファレンス 6073」にインスピレーションを受けたもの。その片鱗を、ラグの形状に見ることができます。

ラグの造形は、ブランドのシンボルである「マルタ十字」の1片がモチーフとなっている

インデックスは、ビンテージ感のある飛びアラビアスタイルを採用。奇数のバーインデックスに施された夜光処理に、アクティブな雰囲気が漂います。偶数のアラビア数字インデックスは、現行モデルの「ヒストリーク・トリプルカレンダー 1942」にも似た、丸みを帯びた可愛らしさも感じる書体を採用。日付表示も同様の書体となっています。
盤面は仕上げを使い分けることで、モノトーンなのに表情は豊か。このデザインの妙は、さすが伝統あるブランドです。

 

 

ジュネーブ・シール未取得でも魅力的なオートマティック

次は、個別のモデルを見ていきましょう。やはり注目は、オートマティックのステンレススティールモデル。

「フィフティーシックス・オートマティック」138万2400円/Ref.4600E/000A-B442

直径40mmのこのタイムピースは、自社開発の新型キャリバー1326を搭載。ヴァシュロン・コンスタンタンの特徴でもあるジュネーブ・シールは未取得ですが、それが130万円台という価格を実現する理由のひとつにもなっています。ジュネーブ・シールのような証明を取得するためには、それなりの費用がかかるんですね。

テンプの受け板にゴールドの刻印が見える左側のモデルがフィフティーシックス・デイ/デイト。右のオートマティックにはジュネーブ・シールは刻印されないものの、仕上げの美しさは同等

ジュネーブ・シールは時計好きには憧れの刻印ですが、それがないからといって仕上げが妥協されることはありません。ローターは、マルタ十字を象った22Kゴールドが使われた高級仕様ですし、刻印の有無をどう捉えるかは個人の判断、というわけです。


ちなみに、フィフティーシックスは、ステンレススティールのモデルでも針とインデックスにホワイトゴールドを使っているそう。こうした素材の使い分けに、最高峰ブランドの矜持が感じられますね。

ピンクゴールドモデルもスペックは同様ですが、ステンレススティールではフォールディング式だったクラスプが18KPGモデルでは尾錠になります。個人的には、フォールディングクラスプの方が革へのダメージが少なそうで好み。尾錠タイプも使いやすいんですけどね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TAG

WATCHNAVI Salonオススメ