高嶺の花に手が届く!? 憧れの“ジュネーブ御三家”の一角【ヴァシュロン・コンスタンタン】の最入門機を徹底レビュー

 

来年にはトゥールビヨンモデルも登場予定

上記3型、6モデルがフィフティーシックスの第1弾コレクションですが、つい先日、来年のSIHHを待たずにトゥールビヨンも発表されました。こちらの発売は来春になる模様で、価格も1000万円オーバーの予定とのことです。

「フィフティーシックス・トゥールビヨン」Ref.6000E/000R-B488。※取り扱いはヴァシュロン・コンスタンタンのブティックのみ

フィフティーシックスは、どこに着けていっても胸を張れる戦略モデルだ!

ヴァシュロン・コンスタンタンらしいハイエンドウオッチ揃いのフィフティーシックスの中で、きらりと光るステンレススティールのオートマティックの破格さ。

着け心地もクオリティも文句なく、なにより“ジュネーブ御三家”の時計が、頑張れば正規・新品で手に入れられるかもしれない、というだけで夢があります。世界的にも知られたマルタ十字のシンボルを身に着けて、世のお父さんたちを驚かせてみてはいかがでしょう?

ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史はコチラから!

【腕時計ブランドの教科書 VACHERON CONSTANTIN】世界屈指の老舗ブランド(ヴァシュロン・コンスタンタン)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TAG

WATCHNAVI Salonオススメ