ダイバーズの歴史を創るブランパンが新素材投入のアイコンモデルをリリース

ベンチマークたる名機のチタン製は単なるバリエーションではない!!

ブランパンの代表作「フィフティ ファゾムス」は1953年に誕生し、ダイバーズウオッチの礎を築いた重要なモデルです。当初から潜水中の視認性を考慮し、ブラックのダイアルや逆回転防止ベゼルと明瞭なコントラストをなす幅広のアワーマーカーや指針を採用、また、磁気の影響からムーブメントを守る軟鉄製インナーケースを用いるなど、画期的な仕様で機能性や信頼性を高め、フランス海軍特殊部隊に制式採用されたことがきっかけで絶対的な名声を得たのです。

ケースのチタン化によるメリットとは!?

今年は、もっともオリジナルモデルの外観を踏襲する「フィフティ ファゾムス オートマティック」のブラックダイアルに、初めてチタンケースモデルが登場しました。チタンは軽量で耐食性にも優れるためダイバーズの素材としてはまさに好適。マットに仕上げられた、純チタンを思わせる色味も硬派な正統派ダイバーズである気分を盛り上げてくれています。

↓フォトギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみご覧になれます)

耐磁強化用パーツの新採用でスリム化も実現

さらに、磁気の影響を受けないシリコン製ひげゼンマイを用いることでインナーケースを廃し、0.1mmのスリム化にも成功しています。普遍的な面立ちを継承しつつ、着実な革新によってさらに実用性を増した永世定番は、初めて手に入れる、または遍歴の後に辿り着く究極のダイバーズといえるでしょう。

 

≪試着レビュー≫

とにかく軽い!! それでも重厚感は失われず

「フィフティ ファゾムス オートマティック」のチタンケースモデルは、まず着用した際の軽さに驚きました。ステンレスモデルですと、高級感に繋がるどっしりと手首上に座るような感触があるのですが、新作のチタンモデルはやさしく乗るイメージ。しかしながら、どちらも手首に固定されるケース形状で、装着性は甲乙つけがたい存在です。なお、チタンモデルはシースルーバックで、ステンレスモデルはケースバックという違いがあります。もう1本、対抗ウオッチとして選んだのが「フィフティファゾムス バチスカーフ」で、よりシンプルなスタイルを好む人に人気です。45mmの「フィフティ ファゾムス オートマティック」に対し、こちらは43mm。好みが分かれるところですが、どちらも歴史あるダイバーズのDNAを継いでいます。

↓フォトギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみご覧になれます)

 

ブランパン「フィフティ ファゾムス オートマティック」

Ref. 5015-12B30-B52A 166万3200円/自動巻き。300m防水。チタンケース。逆回転防止ベゼル。スーパールミノバ夜光。直径45mm。セイルキャンバスストラップ

2007年にリニューアルされた現行コレクションの中核的モデルが、よりアクティブに使えるチタン製ケースで登場。ダイバーズウオッチの“顔”ともいうべき逆回転防止ベゼルはドーム型のサファイアクリスタルで覆われた特殊構造で、視認性や耐傷性の向上とともに高級感のあるデザイン性にも寄与している。文字盤の4時位置と5時位置の間にはデイト表示も搭載し、日常シーンでの利便性も高い

 

問:ブランパン ブティック 銀座 TEL.03-6254-7233
https://www.blancpain.com/ja?

 

【関連記事】時計メンテナンスを語る「ブランパン」編

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ