【腕時計ブランドの教科書 TAG HEUER】精密計測と高精度時計の分野で比類なき実力を発揮 (タグ・ホイヤー)

2018/6/7 16:00
SHARE ON

堅実さと大胆さを合わせ持つ名門

タグ・ホイヤーは1860年からの歴史において、早くから革新的な時計の開発に着手し、それを実現してきた。1887年には現在のクロノグラフの基礎にもなっている「振動ピニオン」で特許を取得。1916年には世界で初めて1/100秒計測が可能な「マイクログラフ」などを開発し、当初から精密計測と高精度時計の分野で比類なき実力を発揮してきた名門。

スポーツ計時の発展に多大な貢献を残してきた創業者のエドワード・ホイヤー
古くから、世界各地の主要なレースで計器を提供

こうした高精度時計製造の実績を活かし、オリンピックやF1 、インディカーレースの公式計時も務めてきた。現行の定番ラインは、多くのF1ドライバーに愛用された「カレラ」や「モナコ」、本格ダイバーズの「アクアレーサー」など、多彩に展開。ここ数年は、機械式腕時計の極限に挑む5/10000秒クロノグラフなど革新機構を開発。2016年には、トゥールビヨンを搭載しながら驚異的なコストパフォーマンスを実現した「ホイヤー02T」、2017年にはコネクテッド第二弾となる「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」を発表した。

 

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG