【バーゼルワールド2018 BREITLING】ジャパンリミテッドにも魅力的な新作がラインナップ!(ブライトリング)

2018/7/17 15:00
SHARE ON

ブライトリングは、創業時から計時機器に注力。航空用回転計算尺付き「ナビタイマー」(1952年)や「クロノマット」(1984年)など傑作を発表。全品クロノメーターや自社製キャリバー開発など、近年も情熱的な時計作りを続けている。

新体制の方向性を示すナビタイマーとジャパンリミテッド

1月に先行して発表されたナビタイマー 8の価格が決まり、予想以上に思い切った設定にメディアも騒然。Cal.B13搭載モデルで税抜60万円、3針モデルで税抜42万円。これでブライトリングが手に入るなら、かなりお得感がある。ジャパンリミテッドにも魅力的な新作が揃い、特にクロノマットのローマ数字インデックスは今回が最後になりそう。今後、希少性が高まる翼付きのBロゴや、38㎜径の3針ナビタイマーも注目を集めた。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG