【G-SHOCK パーフェクトバイブル】時計界の常識を覆した「落としても壊れない時計」(1983年〜)

2018/8/27 18:00
SHARE ON

世界一タフな腕時計を夢見た若き開発者たち

1981年当時、腕時計はまだ貴重品で、注意深く扱っていた時代。薄く軽い時計がトレンドで、最薄・最軽量を競い合っていた。だが、カシオの若きエンジニアたちはそんな常識に疑問を持った。

「違う。腕時計はもっと生活に根ざしたもの。使い込むほど味わいが出てくるジーンズのような時計が作れないだろうか」

2年の膨大な試行錯誤の末に完成したのが、DW-5000Cだ。ウレタン樹脂で全面をカバーし、心臓部であるモジュールは点で支える中空構造を採用した。初期角型モデルは、現在でこそG-SHOCKでは小振りな存在だが、当初は「大きすぎる」と、社内で否定的な意見が多かったという。また同時に、期待の声も一部にあった。だがさすがに、35年で出荷1億本の超ヒット作になるとは、誰も想像していなかったに違いない。

DW-5000C-1A(1983年発売)/カシオの若き開発者たちの夢を具現化した初代G-SHOCK。タイヤのようなボリューム感のある外装デザインは、全方位カバリングを実現したもの。まさに機能美の塊といえる
WW-5100C-1(1983年発売)/初代モデルから7か月後、早くも
1983年11月に発売された新作。DW-5000Cのタフさを追及し、-30℃から+50℃の環境でも正常に動作するようブラッシュアップされた

SHOCKの凄さを最初に見抜いたのはアメリカ人だった

G-SHOCKの実用性を最初に認めたのは、実は日本人ではなくアメリカ人。タフさと手頃な価格が彼らの合理性にマッチした。

決定的だったのは1984年、米国のテレビCM。アイスホッケー選手がパックの代わりにDW-5200Cをシュートするという映像だ。しかし、現地販売会社が製作したこのCMに、誇大広告ではないかと消費団体がかみ付いた。その騒動を聞きつけた全米ネットのニュース番組が、CMの再現実験を生放送。結果、やはりG-SHOCKはCM通りに無事。この偶然の騒動が、逆に知名度を高め、全米でブームが巻き起こった。

DW-5200C-1(1984年発売)/初代モデルと同じモジュール240を搭載したマイナーチェンジ版。1/100秒ストップウオッチ、タイマー、時刻アラーム、時報、オートカレンダーなどの多機能を誇った
WW-5300C-1(1984年発売)/耐低温仕様「WW」の2代目。初代WW-5100Cと同じく、文字盤に記された「WIDE TEMP-LC」の文字が、レッドに変更されている。操作ボタンを表す4つの矢印がユニークだ

1984年〜1988年モデル

DW-5500C-1(1984年発売)/G-SHOCK本来のショックレジスト(耐衝撃構造)に加えて、2つめのレジスト構造「マッドレジスト」を新開発。文字盤下部の「G-SHOCKⅡ」の文字に、カシオの意気込みが感じられる
DW-5600C-1(1987年発売)/初代モデルDW-5000Cのケースデザインを継承する初期角型モデルの完成型。このモデルから、防水表示が国内は「20BAR」、海外モデルは「200M」と区別されるようになった
DW-500C-1(1988年発売)/角型デザインのDW-5600Cを、そのままボーイズサイズに小型化。男性向けに開発したモデルだが、通称「ジュニアG」とも呼ばれ、現在のBABY-Gのルーツとなった。

 

【さらに詳しく!】G-SHOCKの新作はコチラ

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ